同じように食べているのになぜ!? ほっそりキレイなボディをキープする10の秘訣【前篇】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
YAMAKO

Written by:

2016.08.14.Sun

自分と同じように食べているはずなのに、すらっときれいなボディを保っている人っていませんか? もともとの体質もあるかと思いますが、そういう人は自然と太りにくい習慣が身についていることが多いんです!
そんな秘訣を実践すれば、ほっそりきれいなボディを手に入れることができるかも……!

1: 食べる順番に気をつける

ついつい炭水化物やたんぱく質から食べたくなってしまいますが、そうすると血糖値がいきなりあがってしまいます。なのでまずはサラダや汁物から食べて、ゆるやかに血糖値をあげるのがおすすめ。血糖値の急上昇を防ぐことで、脂肪がつきにくくなるんです!
そう考えると、「スープ→前菜→メイン」の順番で出てくるフレンチのコース料理は、理にかなっていると言えます。

2: よく噛んでゆっくり食べる

満腹中枢がじゅうぶんに刺激され「満腹」と感じるまでには、食事をはじめてから15分~20分の時間が必要。そのため早食いの人は、食欲にブレーキがかかる前にたくさん食べてしまい、その結果食べすぎてしまいがちになるんです。
また一気に食べると、それだけ血糖値も急上昇してしまいます。飲み込むまで30回噛むことを目標に、ゆっくりと食べましょう!

3: 腹8~9分目でやめておく

「苦しくなるまで食べる」というのもたまにはいいかもしれませんが、いつもそうなるまで食べるのはNG。「もう少し食べたいけどやめておこう」と自分の食欲にブレーキをかけるのも、ほっそり美人さんが自然とやっている食べるときの秘訣です。

4: 食べすぎた次の日にリセットする

腹8~9分目でやめておくことを心がけていても、たまには暴飲暴食してしまうこともありますよね。でもそんなときも、次の日に身体をリセットしてあげれば大丈夫!
リセットする方法のひとつとして、野菜をたくさん食べることがあります。野菜は食物繊維がたっぷりなので、身体の老廃物をキレイさっぱり排出してくれるんです。忙しい朝は、野菜をたっぷりいれて作ったグリーンスムージーを飲んでみましょう!

5: 甘いものをたべるなら15時に!

人間には、脂肪を溜め込む性質のある「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質の一種を体内に持っています。このBMAL1は、1日のなかで14~15時がもっとも少なく、体内に脂肪が貯まりにくいのです。そのため甘いものを食べたいときは、この時間に食べるようにしましょう。
逆に22時からはBMAL1がどんどん増えていくので、この時間に食事をとると、太りやすくなってしまうので注意です!

ほっそり美人は、太りにくい習慣を自然に実践していることが多いもの。このような秘訣を実践して、ほっそりきれいなボディを手に入れましょ!
次回後編では残りの5つをご紹介いたします。

後編へつづく

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

YAMAKO

90年生まれのOLライター。横浜、食べ歩き、スイーツが死ぬほど好き! にわかカメラ女子だったり。女性目線、OL目線で、少しでも多くの方の心に届き、元気になって頂けるような記事を書いていきたいです。ツイッター:@keiri_girl