食べるぶんだけ痩せる……!? 最近話題の「しっかり食べる」ダイエット法5か条

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.07.24.Sun

以前のダイエットのイメージは、食事制限を重視する食べないダイエットが主流でした。しかし今季、注目されているのは「しっかり食べるダイエット法」。食べないよりも食べたほうが痩せるダイエットが登場したのです。その方法は? 効果は?

しっかり食べるダイエット法5か条

●毎日三食決まった時間に食べ、ながら食べはしない
● 満腹感よりも満足感
● お腹が空く時間をつくる
● まずは野菜、汁物から食べる
● 以下の食材をいつもの食事にプラスして食べる

食事にプラスするだけで痩せる食材!

「しっかり食べるダイエット法5か条」のなかでもとくに重要なのが、以下の食材をいつもの食事にプラスして食べること。これらを加えることでダイエットを大幅サポートします。食事制限をしなくても痩せられる効果が抜群なものばかり。

ツナ缶ダイエット

サラダやソテーなど、おかずのサブ的活躍を見せているツナ缶。高度不飽和脂肪酸であるDHA・EPAの含有量が多く、高たんぱく質の理想的ダイエット食といえます。鉄や亜鉛のミネラルも多く、基礎代謝の維持に必要な筋肉の合成に効果的! 摂取量は水煮缶を1日1缶が目安です。
そのまま食べてもサラダにトッピングしても◎。使い方いろいろなので常備しておいて損はなし!

ヘンプシード

ヘンプシードは、オメガ3系のαリノレン酸を多く含み、必須脂肪酸で脂肪を燃焼し、さらに高たんぱく質で引き締めてくれます! さらに抗酸化作用が高く、ダイエットや美肌効果も期待できます。
オイルや粉末があり、オイルならそのまま飲むのもよし、粉末ならサラダにトッピングするのもよし! 普段の食事に気軽にプラスすることができます。

大麦

大麦は人類最古の作物でビタミン・ミネラル・食物繊維をはじめ、βグルカンたっぷりで水溶性食物繊維の宝庫。代謝を高める効果で、ダイエットはもちろん全身のアンチエイジングに効果的です。
炭水化物の半量を大麦に置きかえるのがベスト。大麦の味や触感に慣れるまで、炊き込みご飯やチャーハンにしてもおいしいですよ。

カリフラワー

カリフラワーは不溶性の食物繊維を含み、低カロリーで食べごたえもあり、かさ増しにも最適。含まれるフィトステロールがコレステロールの吸収をおさえ、抗酸化作用もあります。ミランダ・カーをはじめ、海外セレブにも大人気の代謝アップベジタブル!
きざんでチャーハンに入れたり、すりおろしてパスタソースに混ぜても◎。ベーシックならばサラダやソテーにプラス!

レモン白湯

朝起きてすぐの水分摂取を、レモン半分~1個の果汁を絞った白湯にするだけ。朝イチで体内を浄化することができるので、あとは1日いつも通り過ごすだけで体がみるみるスッキリ爽快に! 続ければ続けるほどデトックス効果があらわれ、体が変わります。
私は週明けにレモンを3~4個買いだめし、毎日半分絞って白湯に混ぜて飲んでいます。

まとめ

これからの時代は食事制限ではなく、しっかり食べるダイエットで内側から美健康を目指す方法が主流に。ダイエットにありがちだった食べられないストレスがなくなるので、誰にでも簡単にとり入れ続けることができる夢のようなダイエット法ですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/