やらなきゃ損! 呼吸を「腹式呼吸」に変えるだけ簡単ダイエット

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.05.16.Mon

薄着の季節になると気になる体型の悩み。冬の間は隠れていたぽっこりお腹や二の腕がばっちり見える春夏のファッションを目にして、「なんとかしなくちゃ」と焦っている方も多いはずです! でも正直ダイエットするのはツライ……そんな方にオススメしたいのが超ズボラな方法「腹式呼吸ダイエット」です。

呼吸を深くするだけで消費カロリーもアップ!?

夏までになんとか痩せたいけれど、食事制限や運動はつらくて長続きしない。でも痩せたい! そんな女性のジレンマを解消できるといわれているのが「腹式呼吸ダイエット」です。
なんでも呼吸を深くするだけで、消化が促進されたり、自律神経のバランスが整い、痩せやすい体質になれるのだとか! 呼吸を意識するだけでダイエットできるなんて……これはやるしかないですよね。

太りやすいのは自律神経が乱れているせいかも!

腹式呼吸ダイエットを始める前に、まずは深い呼吸の重要さを知っておきましょう。私たちは日中、活動しているときに優位になる「交感神経」とリラックスモードで優位になる「副交感神経」という2つの自律神経がバランスをとって、心身の健康を保っています。
けれども忙しさに追われたり、悩みを抱えたり、ストレスが溜まったり……と交感神経の興奮状態が続くと、上手にリラックスできなくなり、心身のバランスを崩してしまうのです。
そんな状態が続くと消化が悪くなったり、代謝がダウン、肌荒れや太りやすさなどにつながることもあります。

ゆっくり深く呼吸、心身のバランスを整えて

そこで役立つのが「腹式呼吸」です。ゆっくりしたリズムでお腹から呼吸をすると、自然とリラックスモードの「副交感神経」が優位になり、リラックスすることができます。
心が落ち着くだけではなく、横隔膜の上下運動で消化促進・冷え症改善・代謝アップも期待できるといわれています。ということは、呼吸を深くすることがダイエットにも役立つということなのです。

正しい「腹式呼吸」のポイントをチェック!

早速、腹式呼吸ダイエットを始めましょう。腹式呼吸で大切なことは吸うよりも「吐く」ことです。お腹をへこませながら、鼻からすーっと息を吐きましょう。体内に残っている老廃物など悪いものが全て吐き出されるイメージで、10秒ほど時間をかけて、ゆっくりと息を吐きます。
 息を吸うときは、鼻から体全体に新鮮な酸素が行き渡るようなイメージで。吸うときに自分が好きな色をイメージして吸うと、セラピー効果も得られるといわれています。ピンクのイメージなら、優しく穏やかな気持ちをもたらして、女子力アップ、若返り効果なんかもあるそうです!

まとめ

食事制限やハードな運動が長続きしない。そんな方は、まず腹式呼吸から始めてみてはいかがでしょうか? 仕事や家事の合間、就寝前などリラックスタイムに腹式呼吸を習慣にしておけば、心身のバランスが整って、お肌もキレイに痩せやすい体質になれるはずです! ぜひお試しあれ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net