たったこれだけ! ヘルシーに痩せるために毎朝できる5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.02.21.Sun

早起きは三文の徳といいますが、朝型の生活はダイエットにも効果的。朝の時間を有効に使ってお手軽にダイエット。
今日は「健康的に痩せるために毎朝できる5つのこと」をご紹介します。

1. 朝日を浴びて痩せた体質に

朝日を浴びると痩せ体質になる!? 米国ノースウェスタン大学の研究によると、朝日を長い時間浴びているグループはそうでないグループに比べてBMI値が低い傾向にあるのだそう。
この研究では、朝の光を浴びることがBMI値を低くする、つまり痩せ体質をつくるのに深く関わっていると報告しています。20分~30分程度、朝日を浴びることで十分効果が得られるのだそう。

2. 朝食たっぷりでカロリー抑制

朝食は一日の元気の源となるだけでなく、ダイエットにも最適! きちんと朝食をとることで一日を通しての空腹感をおさえ、肥満のもととなる間食を防ぐ効果があります。
とくにオススメなのがタンパク質たっぷりの朝食。腹持ちがよく、朝のエネルギー源にぴったり。朝食をとることは、脳の働きを活性化するうえ、規則正しい食生活は代謝機能などを含めたホルモンバラスを整えて、太りにくい体質をつくる効果があります。

3. 瞑想で暴飲暴食を予防

暴飲暴食の原因となるストレスはダイエットの天敵。早起きした朝は瞑想で心身をリラックスしてみるのが◎。
また、瞑想時の腹式呼吸は新陳代謝をアップさせダイエットに効果的といわれています。朝の瞑想は1日を爽快&エネルギッシュにスタートさせる効果もあります。

4. 隣の駅まで早歩きでカロリー消費

忙しい朝だからこそしたいのが、ウォーキング。ウォーキングのカロリー消費量は時速が速ければ速いほど高くなります。なにかと忙しい朝は無意識に早歩きになってしまいがち。その勢いで隣の駅まで歩けば、カロリー消費量はぐんとアップするはずです!

5. おやつ準備で甘い誘惑をカット

ダイエットを成功させるカギは「空腹時の対処法」。一度お腹が減ってしまうと集中力が低下し、やる気も減退してしまいます。ダイエット中であっても、空腹感を感じたら食べるのを我慢しないことが大切。
ただし、なにを食べるかでカロリー摂取量も大幅に変わってきます。おやつには高カロリーのジャンクフードは避け、徹底的にヘルシーに。
早起きした朝は、フルーツやドライフルーツ、エナージーバーなどヘルシーでカロリー控えめなおやつを用意しておくのが◎。きちんと準備をしておけば空腹時のあま~い誘惑に負けることもなさそうです。

▽ 参考記事(海外サイト):Morning Routine: How Waking Up Earlier Can Help Weight Loss

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr