お正月太りはコレで予防・解消!! 今話題のダイエット成分●●で、今度こそ絶対に痩せる!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2015.12.28.Mon

忘年会にお正月、新年会……と、今の時期はイベントが多くどうしても食べる・飲む機会が増えて太っちゃう……とお悩みの方も多いはず。それに加え、寒いと家にこもりがちでゴロゴロして、ついお菓子などに手が伸びてしまい……。なんとかしたいけど、ダイエットしてもなかなか続かなくて……というアナタ、今世界中で話題のダイエット成分、「チラコイド」ってきいたことありますか?

夢のようなダイエット成分・チラコイドとは?

チラコイドとは、ほうれん草の葉に含まれる天然化合物の1つ。食欲をおさえ、ダイエットの大敵である「間食」や、「食べすぎ」を防いでくれます。スウェーデンで論文発表され、肥満大国といわれるアメリカではとても話題になり、日本でも2014年に「肥満治療用植物細胞膜の使用」の特許を取得。肥満治療を行うクリニックなどでも、このチラコイドを積極的にとることが推奨されています。
このチラコイドを摂取する「チラコイドダイエット」、還暦近くでありながら、スーパーボディをキープしているマドンナも実践しているとのことで、今世界中から注目されているのです。

チラコイドが驚きの痩せ効果を誇る理由3つ!

1:長時間の満腹ホルモン分泌で、空腹感を減らす

チラコイドは、腸内での脂肪と炭水化物の消化・吸収スピードを下げる働きがあるため、食事と一緒にとり入れることで食べたものが長時間腸内にとどまります。これにより、少量の食事でも満足感を得やすくなります。

2:血糖値の上昇、脂肪の蓄積をおさえる

チラコイドには、食物の消化・吸収をゆるやかにし血糖値の上昇をおさえることで、肥満ホルモンといわれるインスリンの分泌をおさえ、体内での脂肪の蓄積をおさえる機能があります。またダイエット効果だけでなく、糖尿病への症状改善も期待されています。

3: 食欲をおさえる

チラコイドには、食欲増進ホルモンであるグレリンの分泌を減らし、食欲をおさえるホルモンであるレプチンの分泌をうながします。またチラコイドを摂取した初日から甘いものへの欲求が85%おさえられ、3か月後の最終日にはその抑制率は95%という臨床結果もあります。

ダイエットが成功しやすいだけでなく、リバウンドしにくい

食欲が安定することで、衝動的に「食べたい!」と思うことも減り、ダイエット中にストレスを感じにくくなります。これが、チラコイドの摂取でダイエットが成功しやすい理由なのです! また体だけでなく精神的にも負担が少ないダイエットは、リバウンドを防ぐという意味でも有効です。

では、チラコイドはどうやって摂取するの?

ほうれん草に含まれているチラコイドですが、ほうれん草を生で食べるだけでは摂取できません。また、ほうれん草はチラコイドだけでなく、βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・鉄分などが豊富に含まれているのもうれしいポイント。

ほうれん草を購入する際のポイント

スーパーなどでほうれん草を購入する際は、葉が厚く葉先までピンとのび、濃い緑色をしているものを選びましょう。なお、夏より冬のほうれん草のほうが、ビタミンCの含有量は約3倍ともいわれています。

おすすめの効果的な摂取タイミングは?

摂取したあとその効果は約6時間続くと言われています。ですので、お昼ご飯をセーブしたいときは朝食前に、夜ごはんをセーブしたいときは昼食前に飲むのがおすすめです。
健康的にキレイに痩せたいけどつい食べ過ぎてしまう、間食しがち、食べても満腹感を感じにくい、いつも食べもののことばかり考えてしまうという方にこそ摂取してほしい成分チラコイド。「今までのダイエットの苦労はなんだったんだろう、もっと早く知っていれば良かった……」と思うこと間違いなしですよ!

ちなみにチラコイドは生のホウレンソウからとることは難しいので、市販のサプリメントなどを活用することをおすすめします。チラコイドでぜひ、冬太りとは無縁の美ボディを手に入れてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!