食べるだけでキレイになれる! 美容食の合言葉は「まごはやさしいよ」で美肌&ダイエット効果アップ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2015.07.28.Tue

美肌をつくるためには、当たり前のことですがバランスよく食べることが一番だといわれています。とはいえ、どんなものを食べればバランスがとれるのか、イマイチよくわからないもの。そんなとき、美容食の目安として最近注目されているのが「まごはやさしいよ」という食事のとり方です!

「まごはやさしいよ」が美肌をつくります!

「ま(豆)、ご(ごま)こ(米)、は(わかめ、海藻)、や(野菜)、さ(魚)、し(しいたけ・きのこ類)、い(いも)、よ(ヨーグルト)」
まごはやさしいよ、は日本の食卓によくならぶ食品を中心に考えられた語呂合わせで、栄養学でも推奨されています。これを目安にすると体も心も、お肌も元気に! ビタミン・ミネラルなど必須栄養素がしっかりとれるようになっています。

美肌食の心得! 「ま・ご・は・や・さ・し・い・よ」

「ま」……豆(たんぱく質・ミネラル・食物繊維)

植物性たんぱく質や腸の働きを整える「食物繊維」が豊富にふくまれています。大豆・大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」もふくまれているので、美容には欠かせない食材です。

「ご」……ごま(不飽和脂肪酸・ミネラル)

脂肪を燃焼する不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸のほか、カルシウム・鉄分・ビタミンEなど美容に必要な成分がたっぷり。セサミンなど体内の老化を防ぐ抗酸化成分もとれます。

「こ」……こめ(炭水化物)

主食としてどんなおかずにもあう米。粒食なので、消化に時間がかかり、血糖値があがりにくいうえ、腹持ちもいいです。できるだけ黒いものを選ぶのがコツ。玄米・黒米などをチョイスするのもポイントです。

「は(わ)」……わかめなど海藻類(ビタミン・ミネラル・食物繊維)

カルシウムやマグネシウム・ミネラルやベータカロテンなどのビタミン類、食物繊維などがたっぷりふくまれています。

「や」……野菜(ビタミン・ミネラル・食物繊維)

美肌づくりに欠かせないビタミンCやビタミンB群、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維がたっぷり。

「さ」……魚(たんぱく質・DHA・EPA)

良質な動物性たんぱく質のほか、血液をサラサラにして、血液循環を良好にしてくれるDHA、EPAなどの成分もたっぷりとれます。

「し」……しいたけ・きのこ類(ビタミンB群・グルカン・食物繊維)

美容ビタミンといわれているB2、B6などビタミンB群のほか、免疫力を高めるグルカンなどの成分も。アンチエイジング効果をアップしてくれます。

「よ」……ヨーグルトなどの発酵食品(乳酸菌・たんぱく質・カルシウム)

乳製品ならではの良質なたんぱく質とカルシウムのほか、発酵食品だけが持つ乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。

まごはやさしいよ、を意識すると美肌に必要な栄養素がバランスよくとれます。今日の食事から、さっそく意識してみてくださいね! 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net