【保存版】冬太りを1日で解消! 海外セレブに学ぶ「24時間式ダイエット」が効果絶大!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2015.03.02.Mon

もうすぐ春なのに、食べすぎや運動不足のせいで太ってしまったという方も多いはず。体重やサイズを元に戻るのは大変ですよね……。今回はスタイル美人のセレブたちに学ぶ、「24時間式ダイエット術」をチェックしてみましょう!

朝~昼

まずは起床

セレブたちは休みの日でも起きる時間はきちんと決めて、体のリズムをしっかり管理。遅くても9:30までに起きるようにすると◎。体内時計のズレは太りやすくなる原因なので、休日の寝だめには注意しましょう。

セレブの朝は、1杯のレモン水

ミランダ・カーなど多くのセレブたちが取り入れているのが、朝のレモン水。胃が空っぽの寝起きにレモン汁を加えたぬるま湯(お白湯)を飲むと内蔵が活性化して、脂肪や毒素が排出されやすい体質に!

朝食は起床後1~2時間以内に

朝起きたばかりの体はエネルギーを必要としているので、朝食を食べずに過ごすのは×。脂肪を溜め込もうとして代謝が悪くなるのだそう。1時間以内に食べると◎。朝の体はぐんぐん栄養を吸収するので、フルーツ、グラノーラ、卵などヘルシーな朝食を心がけて。

食後30分~1時間以内に運動を!

交感神経が活発になる朝は他の時間帯よりも10%ほど脂肪が燃えやすいといわれています。午前中にウォーキングや買い物など軽い運動を取り入れて、朝ごはんで取り入れた脂質や糖分をオフ!

昼~夕方

ランチは食物繊維を多めに

満腹感をより早く、長く感じさせる効果が。午後の間食を防ぐためには、大盛りサラダで食物繊維を摂取! セレブたちが食べているのは、大盛りのサラダ。食物繊維、ミネラル、ビタミン豊富な野菜でおなかいっぱいになる定番ランチです。

リンパマッサージで午後のむくみオフ

スッキリ下半身をとりもどすために欠かせないリンパマッサージ。流れを良くして代謝をアップ、むくみやすい夕方に行うのが効果的。ふくらはぎを下から上へ、ボディラインをなぞるように気になるパーツをマッサージ。

「ながら」エクササイズで時短スッキリ

歩きながら、おなかに力を入れてへこませた状態を30秒キープしたあと、10秒間もとに戻す。これを交互に行いながら続けられるだけ、繰り返すとくびれのあるスッキリおなかに。

夜~就寝前

ダイエットに効く夜ご飯の食べ方

食べる前にコップ一杯のお水を飲む。野菜→汁物→たんぱく質→炭水化物の太りにくい順番で食べる。腹8分目でストップ。この3つを心がけて。

寝る2時間前からは飲み物だけ

夜遅くに食事すると脂肪燃焼効果がダウン。寝る2時間前からは固形物をとらないこと。消化してからベッドに入ると痩せ効果がアップします。

夜はシャワーより湯船に!

欧米ではシャワーが主流ですが、セレブたちは湯船に浸かる派が多数。体が温まる上に水圧や浮力で血行がアップ。代謝も良くなります。

睡眠時間を多くとるだけで-2kg!?

忙しいセレブたちが唯一怠らないことは、睡眠時間をしっかりとること。かのアナ・ウィンターでさえも「パーティーに出席しても長居はしない、夜10時には寝る」といっています。睡眠時間が少ないと太りやすくなるので、早めの就寝で締めて!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net