年明けの暴飲暴食…簡単テクですべてなかったことに!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.01.01.Thu

年明け早々、おせちやお餅など日本ならではの伝統料理が美味しく感じられるお正月からはじまり、今年も一年お世話になりますと意味も込めた新年会や飲み会で埋め尽くされる一月。一見、華やかで充実した年明けに思えますが、胃袋は悲鳴をあげているかも!? 放っておくとむくみや落ちにくい脂肪となり暴飲暴食の悲劇が待ち受けるのです。そんな年明けだけは阻止したい! すべてなかったことにする簡単テクニックをお伝えいたします。

~暴食編~

家族、兄弟、親戚が集まるお正月は、食卓もご馳走で大賑わい。しかし胃袋はへとへとになっていること間違いありません。いつしか脂肪やむくみになる前になんとかしたい! そんなお正月の食べすぎをなかったことに……!

キツめのボトムで食べ過ぎを予防

宴会や飲み会がある日のコーディネートはあらかじめ、引き締まったボトムやタイト系のスカートを着ていきましょう。何よりもウエストがキツくなったら食べ過ぎのサインになるので、食べ過ぎ防止に効果絶大! しかしガードルなど体を締め付ける下着などは食べてお腹が膨らむと体が締め付けられ、血行が悪くなるので矯正系インナーなどを用いるのは避けます。

素焼きアーモンドで脂肪化を阻止

アーモンドにはオレイン酸が含まれているため酸化しにくく悪玉コレステロールを抑える働きがあります。食前に素焼きアーモンドを2~3粒食べておくと太りにくくなるうえ、美肌効果も同時に得られます。

上手にサプリメントを活用

食前にカロリー抑制のサプリや食後に吸収を抑えるサプリはこの時期必須アイテム。サプリは脂肪燃焼系・糖質や脂質カット系・排出系など種類もさまざまのため、状態によってセレクトしましょう。また、食前に野菜スムージーなども一緒に飲んでお腹を満たしておくと暴食が防げます。

~暴飲編~

年明け早々、繰り返される新年会などの飲み会。付き合いとはいえ毎日のようにあってつらい……と悲鳴をあげる方も多いのでは? そんな飲み会が続くと二日酔いになりやすかったり、次の日になっても疲労感が抜けないなど胃袋だけでなく体も悲鳴が。そんな二日酔いをなかったことに……!

スプーン1杯のオリーブオイル

飲む前にスプーン1杯のオリーブオイルを摂ることで、その後のアルコール吸収速度を抑えることができます。宴会にまず注文するサラダはオリーブオイルのドレッシングがたっぷりかかった品を注文するのもおすすめです。

お酒と白湯を交互に飲む

日本酒やウイスキーなど、アルコールを飲む際に間に水を挟むと体内のアルコールを中和して代謝を活発にする働きが。飲み会では体を冷やさない白湯が◎。

アンチエイジング用のクリームでむくみを阻止

飲み会の翌朝、顔が一回り大きくなっている、目が腫れぼったい……などむくみを感じる方が多いのではないでしょうか? 飲み会の夜のスキンケアはアンチエイジング用のクリームを念入りに塗り込むことで翌日のむくみを阻止してくれます。肌修復機能やたるみ改善成分入りのコスメだとむくみにさらに◎。

シメを食べてアルコールをしっかり分解

アルコールの分解には糖質が必要。飲んだ後は少量のシメを食べてアルコールをしっかりと分解させましょう。カロリーや脂質、塩分の高いラーメンなどは厳禁で、胃腸に負担の少ないお茶漬けなどがおすすめです。

いかがでしたか? とても簡単なテクニックばかりなのでいざという時にすぐに実行することができます。年明け早々、体が悲鳴をあげることのないよう自分の体は自分で上手にコントロールしていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/