短期集中型はキケン!? リバウンドしないダイエット法とは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.09.18.Thu

1か月で―3キロ! 2か月で-5キロ! などと体重を減らすことだけに意識を向けたダイエットは、リバウンドをしやすく、さらに短期で何キロも落とすようなダイエットは、体も脳もおかしくなってしまいます。短期で痩せたり、リバウンドしたりを繰り返していくうちに、余計に痩せにくくなってきてしまいます。

前はこの方法で痩せたのに!

以前はこの方法で痩せたのに、今は全然体重が減らない! と焦っている人はいませんか? それもそのはず、その時に行っていた方法が間違えたダイエットだったから。リバウンドをして、余計に太りやすく、痩せにくい体質にしてしまったんですね。もちろん、前と同じ方法でダイエットすると、余計に大変なことに。ダイエットはずっと続けていくものなので、無理な食事制限や運動、短期での減量はよくありません。

ダイエットとはずっと続けるもの

太ったからと、太った分だけを取り戻そうとすると、偏食になったり、無駄な運動を行ってしまいがちです。急激に太った場合は、水分でむくんだだけのの可能性が高いのですが、徐々に体重が増えて太り始めたら、本当に脂肪が溜ってきた証拠です。そのため急激に体重を減らすことが難しく、逆に急激な食事制限と運動は、体に必要な栄養や脂、水分が抜け落ちて見た目にもげっそりとし、女子力も低下気味に。ダイエットをするなら美しくなりたいですよね。そのためにも、長期間ずっと続けられて、苦にならないダイエットを取り入れたいところです。

食事制限もほどほどに

ついつい太った分を取り戻したくて、食事を急激に減らしてしまう人が多いかと思います。食事制限は、急激に体重を減らすことで体への栄養が足りなくなり、痩せにくくなってしまいます。また無理な食事制限の後は決まって食欲が増えてリバウンドをしてしまうので、食事の量は徐々に減らし、自分にとって心地良い量にしておきましょう。だんだんと食事の量も減ったり、食べる物や好みも変わってきて、痩せやすい体質に変化してきます。ちゃんと栄養を取った方がリバウンドもしにくく、暴飲暴食にも走らなくなりますよ。

運動で帳消しはできない

たくさん食べたからといって運動をいっぱいしても、帳消しはできません。1時間ほどのランニングで消費できるカロリーはたったのお茶碗1杯分。モチベーションも下がり、すぐに止めてしまいがちです。しかし運動は体の機能を向上させ、新陳代謝を上げてくれるのでぜひ取り入れたいものです。一日の運動量が激しいほどに、食欲も増してしまうので、運動はほどほどに。1時間のランニングも、時間がないなら30分程度に減らしたり、筋トレで体のラインを整えたい方も、いくつもの筋トレを取り入れずに、2、3個ほどの内容を行えば、毎日続けやすくなりますよね。
ずっと続けられる内容で食事も運動も取り入れられれば、知らない間に体のラインも変わって、ダイエットも成功できるはずです。ぜひ頑張ってくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。