牛肉にチョコレート!? 従来の常識を覆す4つのダイエット食品

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.08.14.Thu

チョコレート、オイル、牛肉……。どれもダイエット中は避けてしまいたくなる食品。けれど、実際にはこれらの食品にはダイエット効果があるってご存知ですか? 今日は、今までの常識を覆すダイエット効果のある食品を4つご紹介します。

牧草で育ったビーフ

ダイエットとは無縁と思われがちなビーフですが、実は牛肉の種類によっては嬉しいダイエット効果が! ダイエットに一番オススメなビーフはなんといっても牧草出身のビーフ! 牧草を食べて育った牛の肉は霜降り肉などと比べると、かなり脂肪分が少なくて、カロリーも控えめ。例えば、普通のステーキ肉200ラムのカロリーは386カロリー、脂肪分16グラムなのに対して、牧草で育った牛のステーキ200グラムは234カロリー、脂肪分はたったの5グラム。普通の牛肉に比べると、牧草を食べて育った牛の肉はヘルシー度が高くダイエットにも効果的。さらには、牧草で育った牛の肉にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれ、心疾患病のリスクを抑制する効果があります。

オリーブオイル

オリーブオイルにはメタボの予防に効果的といわれるアディポネクチンという成分が含まれています。また、オリーブオイルには悪玉コレステロールと呼ばれるLDL値を下げる効果があることがわかっています。イギリスにおける研究ではオリーブオイルの摂取によってLDL値が20%の減少した、という結果が報告されています。LDL値が下がることにより、動脈硬化や心臓発作のリスク軽減にも効果的。さらに、オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、肥満の原因となる便秘を改善する効果があります。

ダークチョコレート

ダイエットのために大好きなチョコレートを我慢している人に朗報! 最近のある研究によると、食事の2時間前にダークチョコレートを100グラム食べた人は腰回りのダイエットに成功したのだとか。カカオに食欲抑制効果があるため、食前にチョコレートを食べれば、食事の食べ過ぎを防止することができます。また、ダークチョコレートに多く含まれるカカオバターには、体脂肪として蓄積されにくいステアリン酸やパルチミン酸が豊富に含まれています。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、消化しやすく、エネルギーとして効率よく変換され、代謝を促進する効果があります。また、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸の一種であるラウリン酸を多く含むため体内で脂肪になりにくいというメリットがあります。ある研究によると、ココナッツオイルを毎日摂取した被験者は、大豆油を毎日摂取した被験者に比べてウエストサイズが大幅にダウンしたのだそう。ココナッツオイルだけでなく、ココナッツジュースやココナッツミルクもダイエットにオススメです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr