休日に試してみて。身体の左右バランスを意識するだけの、簡単なダイエット2選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2014.07.26.Sat

よほど気をつけている人でなければ、私たちの身体はどうしても左右でバランスが偏ってしまうもの。原因は「利き手」「利き目」「利き足」など、人間の身体に2つセットである器官のうち、片方ばかりを使っているから……という説があります。

「利き手」と逆の手を意識してみると意外な効果が

不思議なことに、人間の身体には「腕」「目」「脳」「耳」「足」など2つ同じものが揃っている器官が結構あります。
そして、大半の人はその2つを平等に使うことができていないのだそう。手や足は特によく分かりますが、目や耳、脳までも無意識に「使いやすい方」を使っています。
最近片目だけ視力が落ちた……などという人の話を聞くことがありますが、それは無意識に片方の目ばかりで物を見ているからだそうです。
そうは言っても目や耳、脳は「こっちが利き目」「わたし、右の脳利き」「右の耳をよく使います」なんて分かるはずもありません。分かるのは「利き手」もしくは「利き足」くらいのもの。
でも、その「利き手」と逆の手を意識してみるだけで、嬉しい効果が得られることが分かりました。

利き手と逆の手で食事をすると、ダイエットになる!

利き手と逆の手で食事をすることはダイエットにとても効果があるそうです。理由は、「食べるスピードが遅くなるから」。利き手と逆の手で箸やスプーンを持って、口に運んでいくのは相当難しいこと。自然と食事の進行は遅くなり、じっくり食べることになります。
食べるスピードが速いのは、太る原因になることは有名な話ですよね。のんびり食べることは消化にも良いですし、健康面では良い影響が得られそうです。流石に平日のオフィスなどでは行いにくいかもしれないので、自宅でのんびり食事を食べられる日にぜひ試してみてください。
コツはあまり無理をしないこと。箸はかなり難しいので、フォークかナイフからスタートすること。最初の10分くらいを頑張ってみるだけでもOKです。

重いリュックサックを背負って、左右のバランスを意識して、ひたすら歩く

通勤等で使うカバンは、肩にかけるタイプのものが多いですよね。どうしても掛けやすい、利き手の方の肩にカバンをかけてしまいがちです。
左右のバランスを整えるのに役立つのは、リュックサックです。このリュックサックに2キロ以上の荷物を入れて歩く「リュックサックダイエット」という方法があります。
リュックサックはカジュアルなイメージが強いので、会社には向かないかもしれませんが、休日であれば問題なく使うことができます。とても簡単なので試してみてください。
歩きながら、「左右のバランス、左右のバランス……」と意識することも効果があります。
リュックサックを使えない平日にでも、たまに利き手と逆の手でカバンを持つように気をつけてみてください。歪みが少しずつ改善されるかもしれません。

以上2点、身体の左右のバランスを整えるダイエット方法をご紹介しました。お金もかけずに簡単に始められますし、特に害も無さそうなダイエット方法ですよね。
特に、利き手と逆の手で食事をとる方法は、脳の活性化、肩凝りの解消などにも効果が表れるのだそう。
メリットたくさんの、健康的なダイエットを行いましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!