知らないうちに“楽しく”カロリー消費! 日常生活をエクササイズに変える8つのアイデア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.03.01.Sat

痩せたい! でもダイエットのために運動なんて考えただけでもげんなり……。そんなときは毎日の行動にちょっとだけ工夫を加えて、こっそりカロリーを消費してしまいましょう。今回はお家で出来る! 知らないうちに“楽しく”カロリーを消費するアイデアをご紹介します。

ガムを噛む

ガムには息をリフレッシュさせる以上の効果がありそう。ガムを噛むことで「食事が終わった」と自分自身にシグナルを送ることができ、食欲を抑えることができます。また、ガムを12分噛めば11カロリー消費。はみがきをすれば17カロリー消費できるので、歯磨きと合わせて食後の習慣にしてみては?

朝食前のお散歩

朝起きて目覚めのコーヒーを楽しんだら、朝食の前にちょっとしたお散歩に出かけてみましょう。朝の運動は新陳代謝を活発にし、前日使い切れなかったカロリーを燃やし始めるスターターに。20分のお散歩で100カロリーを消費できます。

階段を使う

エレベーターを待って時間をムダにするくらいなら、いっそ階段を使って体を鍛えてしまいましょう。階段を上ることは1分間で7~10カロリー消費することができます。下りではカロリー消費は3分の1程度になりますが、すっきりとしたふくらはぎのためにも是非階段を!

ガーデニング

お庭があるお家の方は、是非ガーデニングにトライ。草をむしったり、お花を植えたり、しゃがんでちょっとした作業をするだけでも多くのカロリーが消費できます。25分間の作業で113カロリー消費!

よく噛む

中サイズのリンゴをそのまま噛んで食べれば60カロリーの消費。リンゴジューズを飲むより腹持ちもいいし、あごの筋肉を鍛えて小顔効果も期待できるし、リンゴ酸の持つ働きで歯のホワイトニングもできるし! 一石四鳥も五鳥もありそうです。

音楽をかけながら家事

掃除機をかけたり、トイレ掃除をしたり……あまり楽しい時間とは言えませんが、せっかくなのでより多くのカロリーを消費できるよう、ちょっとした工夫をしてみましょう。テンポが速い曲をかけながら、いつもよりちょっとだけノリノリで早く体を動かせばその分多くのカロリーを消費することができます。

瞑想

瞑想って……全然動かないじゃん! と思うなかれ。息をゆっくり吸って吐くような短い瞑想でも、ストレスを軽減しストレスホルモンと呼ばれる“コルチゾール”を減少させる効果があります。コルチゾールが過剰に分泌されると水分やエネルギーの代謝を妨げることに。カロリー消費こそしませんが、瞑想でリラックスすることによって体の巡りを整え、痩せやすい体に導けるかもしれません。

小さなことでもこつこつ続ければ必ず変化があらわれるはず。“ちょっとしたこと”の積み重ねで素敵なスタイルを手に入れて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。