夏本番でも取り入れられるダイエット!食事量を変えずに痩せる!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.07.11.Thu

夏本番!3ヶ月くらい前から周りでは夏に向けてダイエットという言葉が飛び交っていたにも関わらず、乗り遅れた!続かずに辞めてしまった!忙しくてそれどころではなかった!なんて方はいらっしゃいますか?
今回ご紹介するダイエットは、夏本番からでも間に合う今すぐに取り入れられるダイエット法。ダイエットと言えば辛い食事制限や運動のイメージですが、なんと食事量を変えなくてOKの食べるダイエットなので、心も胃袋もストレスフリーで出来てしまいますよ!

いつもの食事で痩せる食べ方の順番!

いつもの食卓に並ぶ料理たち。本日からは以下の順番で食べてみましょう。もちろん、量はいつも通りでOKですよ。

1番目…食物繊維

最初に食べるのは食物繊維の多いサラダ類。野菜や海藻、豆類、きのこ類。ただし大豆はタンパク質と考え、野菜類に含まれる枝豆などの緑色の豆類は食物繊維に含みます。

2番目…タンパク質

次に食べるのは、タンパク質。肉や魚のほかに、納豆や豆腐などの大豆製品も植物性タンパク質が多いので二番目に食べます。チーズなどの乳製品もタンパク質です。

3番目…炭水化物

最後に食べるのは、ご飯、パン、麺類などの炭水化物。
糖質の多いお菓子やでんぷんが多いカボチャなどの芋類、小麦粉を使ったピザやシチューなども炭水化物です。

そもそも食べる順番を変えるだけでなぜ痩せるのか?実は、この順番だと血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの過剰分泌が抑えられ、脂肪の蓄積が防げるのです。
一つずつ食べ切るので炭水化物の食べ過ぎも防げます。血糖値が安定すると血液の質も良くなることから代謝アップにも繋がる メリット付き!

朝食抜きより、朝食を食べて痩せる!

朝食を食べるにあたって、痩せるための朝食3箇条はこちら!

1:タンパク質の食材を取り入れる
2:温かいメニューを入れる
3:しっかりと噛む

いつも朝食抜き!という方は朝食を食べるようにするだけでも代謝がアップします。この朝の食事が一日のエネルギーを決定し、行動や活動範囲にまで影響を及ぼしてきます。
朝に取り入れたいタンパク質のレシピは、考えるまでもなくタマゴや納豆、魚などは全てタンパク質なのでシンプルなご飯で補えます。温かいメニューで体を内側から温め、一日のエネルギー消費量を増やします。しっかり噛むことで満腹感を得られ、朝からの食べ過ぎを防ぎます。
朝は何も口に入らないという方は、バナナやヨーグルトなどエネルギーともなり手軽に取り入れられるものから始めてみるのも良いでしょう。

食べる時間を守るだけで痩せる!

皆さんご存知の通り、食べる時間帯が遅ければ遅いほど太りやすくなります。理想の夕食の時間は20時までと言われておりますが、これは目安で就寝の3時間前は口にしないほうが良いとされています。
食事の量は全く変えずに、痩せるもっと効果的なのは18時までに済ますこと。この方法は過去に歌手の倖田來未さんも実践し、10キロ以上の減量に成功したことは有名ですね。
しかし、仕事があり帰宅時間が遅い人にとってはこの方法は難しいですよね。夕食が21時以降になる時は揚げ物などの油物は避け、どうしても食べたい場合は昼食に取り入れるようにしましょう。

これらの方法は全て食べるダイエット。無理に食事を減らそうなんて思わなくて良いとことが魅力的ですよね。気を付けるとことは食べる順番や時間。これらが全て代謝や身体のリズムを整え、痩せる体へと導いてくれるのです。さぁ、本日の食事からさっそく取り入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/