食べまくっているのになぜ?フランス人女性が太らないワケ 6選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2013.07.18.Thu

前菜、メイン、チーズ、デザート、そしてたっぷりのワインとパン。フランス人の食事はボリューム満点。それなのに、フランス人女性はとってもスリム。フランス人女性が太らないワケは彼女たちの生活習慣にあるようです。スリムな体型をキープする彼女たちの生活習慣を探ってみました。

足元はフラットシューズ

フランス人の足元は歩きやすいフラットシューズが鉄則!毎日60~90分歩けば、現状の体重を維持できるといわれています。

移動は自転車

パリにはVelib(ヴェリブ)というレンタサイクルがあります。街中のところどころにパーキングがあり、パリジャンヌたちはバスやメトロの代わりに自転車を利用して、パリ市内を軽快に移動。サイクリングは、あらゆる運動の中で水泳に次ぐカロリー消費量なのです!

エレベーターの存在しないアパルトマン

パリにあるアパルトマンのほとんどは古く、エレベーターが存在しないなんて当たり前。階段を上る運動は毎分9カロリーを消費します。毎日8回階段を上り下りするだけで、一年間に4日分の摂取カロリーを消費するといわれています。

犬が大好き

犬好きのフランス人はどこに行くにも飼い犬と一緒。レストランやショップ内にも犬が入れるなんて、まさに犬天国。犬の飼い主は平均して一日に2回24分間の散歩をするという報告があります。

チーズを欠かさない

フランスで食後に欠かせないのがチーズ。チーズには満腹感を脳に伝えるコレシストキニンというホルモンの分泌を促進させるペプチドが含まれています。

食事に時間をかけまくる

食事に莫大な時間をかけるのがフランス流。満腹感が脳に伝わってから、実際に身体が満腹と感じるには時間が掛かります。ゆっくりと食事を楽しむことで、食べ過ぎる前に満腹のサインを感じることができ、食べ過ぎを防ぐことができます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr