夏のダイエットは水中運動を取り入れて全身バランスよく鍛えよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.06.07.Fri

これから水が気持ちよく感じる季節に入ります。夏に向けてダイエットをしている方、体を引き締めようとしている方におすすめしたいのが『水中運動』。
実は水中運動には普通の運動よりもメリットと嬉しい効果が詰まっているのです。本日は水中で楽しめて美ボディーを目指せる方法をお伝えしていきます。

水中運動のメリットとは?!

陸上の運動とは違い、水中での運動は、水の特徴を利用して高い運動効果を得られるということ!消費カロリーも良く代謝もアップ出来るため、体を引き締めながら食事制限などの辛い思いはせずに、食べて痩せられる美ボディーを手に入れるチャンスです。

1…体に負担がかからない

水中で浮力を得ることによって、体重は通常の半分以下になり、体への負担が大きく軽減します。そのため、腰痛やヒザ痛、関節に負荷がかけられない方や、体重が重くて運動が苦手な方には、水中でのエクササイズがとてもおすすめです。

2…水の抵抗で引き締め効果アップ

水中は水の抵抗があるため、歩きにくいと感じたことがあると思います。そのため、陸上にいるときよりも、水中のほうが、強い力のエネルギーを使うことになります。これにより、効率の良いエクササイズを行うことができ、水中をただ歩くだけでも、筋力アップや引き締め効果が期待できます。

3…水圧が良い運動効果に

大きな水圧を受けることで、血管や筋肉が圧縮されたり、心臓のポンプ作用が強くなったりすることで、血液の循環が良くなり代謝もアップ。また肺の容量が少なくなり、腹式呼吸も促されることで、体はより多くの酸素を体内に取り入れようとするため、ハードな運動をしなくてもしっかりと十分な運動効果を得ることができるのです。

まったり歩いて有酸素運動!

ダイエットに効果的な運動は有酸素運動と言われていますが、有酸素運動は主に、エアロビクスやジョギングなどのハードなものばかりです。それに腰痛などをお持ちの方の有酸素運動は、余計に痛めてしまう可能性もありますね。
しかし水中運動では、クロールをして泳いだりハードに動くなどの必要はなく、ただ水の中を歩くだけで、有酸素運動ができてしまうのです。しかも、水の浮力により足腰に負担もかからないメリット付き。
ダイエットや筋力維持、心肺機能強化につながる水中運動。ダイエットもしたいし、筋力もつけたいけれどハードなのは長続きしないしちょっと…というかたでも安心ですね。
もちろん、水は苦手で泳げない、泳ぐのは久々で自信がないという方でも水の中をいつも通りに歩くだけなので大丈夫ですね!

水中ウォーキング

普段陸上を歩くのと同じ感覚でウォーキングをしましょう。水の抵抗や圧にはじめは歩きにくいと感じるかもしれませんが、普通に陸上を歩くのとは運動量の差が倍に。

歩き方に変化を

少し慣れてきたと思ったら、大股歩き・つま先歩き・横歩き・けんけんなどいろいろな歩き方を試してみましょう。このように水中ウォーキングは歩き方を変えるだけで、飽きがこないうえに、それぞれの歩き方によりそれぞれの使う筋肉が刺激されて鍛えられ、全身のバランスもよくなります。

ビート板を活用

ビート板を持って浮きながら、大きく足を動かして歩いたり、キックしながら前へ進んだりしてみましょう。腹筋や背筋が強化されて、運動効果だけでなく、腰痛の改善や予防に繋がります。

さぁ、夏に向けてのダイエット・引き締め・筋力アップを目指す方は、もぐらずリラックスして歩くだけの水中運動を取り入れてみませんか?短期間で効果の実感が出来るはず!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/