キレイなボディーの為に味方につけたいL-カルニチン!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.04.16.Tue

ダイエットに良い、燃焼系のキーワードでよく知られている、「L-カルニチン」。しかしなぜダイエットにいいのか、なぜ健康にいいのか知らない方が多いのではないでしょうか?本日はL-カルニチンを全く知らない、聞いたことはあるけれど効果までは知らないという方からご存知の方までもう一度、働きや効果をおさらいしましょう。
L-カルニチンはサプリメントや外的に摂る方が多いですが、実は私たちの体内でも作られているものなのです。体内でL-カルニチンを増やすことで健康的なキレイなボディーを目指すことができます。

L-カルニチンって何?

L-カルニチンは体の中で主に2つの働きをしています。一つの働きは、脂肪酸などを細胞内にある器官のミトコンドリアへ運搬する役割です。二つめの働きはその運ばれた脂肪をミトコンドリアで燃焼します。簡単に言うと脂肪を燃焼してくれる大切な役割を果たしている成分。そのため、体内のL-カルニチンの量が少なくなるとどうなるでしょう。脂肪酸が運ばれにくくなり、痩せにくい体へとなってしまうのです。
しかし、残念なことにL-カルニチンは加齢とともに作られる量が減少。加齢と共に代謝も落ちてくるため、それにより太りやすく痩せにくい体へと変化していってしまうのです。
食事を制限しても運動に励んでもなかなか痩せないという方はL-カルニチンの不足が考えられます。日常から積極的に摂りたいですよね。

L-カルニチンはどうして不足するの?

現代の私たちの体内ではL-カルニチンが不足しがち。それは食生活の変化や加齢などで肝機能が低下することが原因。
実はL-カルニチンは主に肝臓で作られており、保存料などの添加物の多い現代人の食生活や加齢、そして飲酒などで肝臓の機能が低下すると、体内で合成される量も減ってしまいます。
また運動不足などで筋肉量が減ると、筋肉細胞に含まれるミトコンドリアが減るため、それに従いL-カルニチンが働く量も減少してしまうのです。それを防ぐにはコンビニで済ますような食生活は直ちに控え、適度な運動をすることが必要です。

L-カルニチンを補給したい!

ここでL-カルニチンを含む食材をご紹介。
L-カルニチンがもっとも多く含まれているのが羊肉。続いて、含有量の多い順から牛肉、豚肉、鶏肉。
このように、食肉に含まれるため、食事制限をして肉を食べないという方は痩せる効率も悪くなり、かえって痩せにくくなります。しかし、肉類ばかり食べるのも考え物。
なのでカロリーが気になるという方はサプリメントで補うのも効果的ですね。L-カルニチンの効果をより発揮したいなら、脂肪燃焼は筋肉を動かすときに活発に行われるので、買い物や掃除などの日常でも体を動かすことを意識することが大切です。

これから温かくなり服装も肌の露出が増えてきます。これを気に美ボディーを目指してL-カルニチンを取り入れてみませんか?

1304163topii

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/