ぽっこりお腹はさようなら!ウェストラインを引き締めるためにするべきこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.03.17.Sun

自分はそれほど太っているほうではないという人でも、ぽっこりお腹が気になったり、ウェストのサイズに不満な人は多いのではないでしょうか。お腹まわりはどうしてもぜい肉がつきやすく、そして落とすのが難しいエリア。ここを引き締めるためにはどうすればよいか、効果的な方法をご紹介しましょう。

朝食前のホットレモンドリンクで、消化をスムーズに!

1日の始まり、消化の働きをよくするホットレモンドリンクを飲んでスタートさせましょう。コップ1杯の暑いお湯に大さじ2杯のレモン果汁を注ぐだけ。消化酵素の働きを助ける働きがあり、消化をスムーズにする効果があります。

コアマッスルを鍛えて、ウェストシェイプ!

身体の奥にあるコアマッスルを鍛えることで、コルセットのようにウェストを締めるような効果が期待できます。もっとも身近にできるエクササイズとしては、バランスボールを使ったものがあげられます。バランスボールに座ったり、このうえでいろんな姿勢をとることで、体幹部のさまざまな筋肉を鍛えることができるのです。

バランスボールを使ったダイエットエクササイズについてはこちらをご参考に。
バランスボールでお腹痩せダイエット All About

賢いスナック選びをする。

脂肪分や水分の多いものを食べると、お腹が張ってしまい、消化力も下がってしまいます。これを予防するのに効果的なのは、マグネシウムの豊富な食べ物をスナック代わりに食べること。とくにナッツ類がおすすめです。
・かぼちゃの種、ひまわりの種、カシューナッツなど

筋力トレーニングで、脂肪燃焼しやすい体質に。

ぜい肉ではなく筋肉が増えると、脂肪を燃焼しやすくなり痩せ体質に近づきます。ジムに行くのも一案ですが、自分でエクササイズをするなら、以下のトレーニングメニューがおすすめ。
・縄跳び50回
・ディープスクワット 20回
・腕立て伏せ 10回
・踏み台昇降 左右20回ずつ
これを3回―5回ほど繰り返して行ってみましょう。

“マインドフル”な食事を心がける。

“マインドフル”とは近年英語圏でとくに注目されているキーワード。ひとつひとつの行動を心を込めて集中して行う、という意味があります。
これを食事にも実践してみましょう。テレビをみながら、仕事をしながら、といった“ながら食べ”はNG。他の事に集中していると、消化器官への血行が悪くなり、消化不良や胃のもたれを引き起こしやすくなるのです。食べるときは、食べることだけに集中、食材の味そのものをよーく噛み締めて味わってください。

1303175topii

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。