無理せずダイエットできる、ちょっと変わった習慣のいろいろ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.12.04.Tue

ダイエットで確実に成果をあげるためには、きびしい食事制限や日々の運動が必要不可欠だと思っていませんか?じつは日常の生活のなかで気をつけるだけで、知らずにダイエット効果がある習慣というのがあります。
いずれも意外なものですが、たしかに「なるほど!」と思うばかり。無理せず自然に痩せられる習慣をマスターしてみませんか?

日常生活のなかでちょっと気をつけてみるだけ!無理せず痩せられる習慣たち

その1:鏡の前で食事をする。

アリゾナ州立大学などが行った調査では、鏡の前で食事をした被験者グループは他のグループに比べ、食事量も少なかったといいます。
鏡の前で自分の食事姿を見ながら食べるというのは、いやでも自分の体型や食べ方について意識が集中し、食べすぎをセーブする効果があるのだと考えられます。同じような例として、全身鏡を部屋に置き、自分の姿を常にチェックするようになると、自然と美しい姿になるという話もあるほど。。。
まずは鏡で自分の姿をチェック、これは美容にもダイエットにも共通する要素といえそうです。

その2:男友達と食事をする。

インディアナ大学などによる調査では、女性は男性と一緒に食事をすると、食べる量を自然と控える傾向があることが判明。逆に男性は女性と食事をすると普段より多く食べるようです。なかなか興味深い結果ですが、研究者によると、異性と食事をするシーンでは男女ともにジェンダー(社会的性差)を意識するのだと考えられるのだとか。。。
つまり、女性は食べる量を控えることで“女性らしさ”を、男性はたくさん食べて“男らしさ”を演出しようとする心理が働くというのです。みなさんも身に覚えはありませんか?

その3:キッチンのテーマカラーを青にしてみる。

青は心を穏やかにする心理的効果があり、寝室のカラーコーディネートに最適な色彩です。それだけでなく青および緑系の色は、食欲抑制効果があることで知られています。逆に、食欲を刺激するカラーといえば、赤と黄色。ファーストフード店のインテリアデザインによく見られる組み合わせです。キッチンやダイニングを青系でコーディネートすると、自然と食欲も抑えられる効果が期待できそう。

その4:お食事は現金払いで。

クレジットカードはとても便利ですが、お財布とダイエットにはあまりいい効果が期待できなさそう。。。カードでのお支払いだと、お金を払っているという感覚が麻痺して、ついついお買い物をたくさんしてしまうといいます。
これはダイエットにとっても同じこと。値段を気にしないで、つい食べ過ぎてしまう危険性大。スーパーで食材を買うときも、外食するときもなるべくならカード払いではなく、現金払いで。何にどれだけお金を使っているか意識することは、経済的にもダイエット的にも大切です。

その5:バニラの香りをかぐ。

甘いものがやめられなくて、ダイエットが成功しないとお悩みの人はとにかくバニラ!バニラの香りには、甘いものへの誘惑を抑えてしまう効果があると、聖ジョージ病院(イギリス)の調査では報告されています。バニラの香りがするアロマキャンドル、あるいはフレグランス(香水)などのアイテムを賢く利用して、甘いものが食べたくなったときふと香りをかいでみましょう。「どうしても今すぐ食べたい!」という誘惑がおさまるはずです。

参考記事:Seven weird weight loss tricks that work

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。