ブラジャーが変われば体も変わる! ブラ・フィッティングの薦め

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.11.06.Sat

美しいランジェリーを身につけたときほど、「女で良かった!」と思える瞬間はない。ただ、いくらブラの見た目が良くても、わき肉がはみ出ていたり、肩に食い込んだりしていたのでは台無しだ。しかも、サイズの合わないブラを身につけるのは、見た目が悪いだけではなく、体にも悪影響があるというから大問題。さっそく、ブラ・フィッティングの専門家たちによる話を聞いてみよう。

イギリス王室御用達のランジェリー・ショップ「リグビー&ペラー」のコルセット専門家は、「試着なしに靴を買うことがないように、ブラもフィッティングなしで買ってはいけません!」と断言。なんと、来店する女性の8割が、間違ったサイズのブラを身につけているのだそう。また、ブラも靴と同じように、メーカーや形、素材によってサイズが変わるため、新しいものを買う度にフィッティングすることが大切なのだとか。

さらに、間違ったブラは健康に様々な悪影響がある。英国カイロプラティック協会は、間違ったサイズのブラをつけることによって、背中の痛みや呼吸困難、胸の痛みや姿勢の悪化といった症状につながると警告。これには接骨医のジョン=モートン・ベル氏も同意していて、きちんとフィットするブラを身につけることが、健康的な背中への第一歩だと語っている。「胸へのサポートが足りず前屈みになると、腰痛や肩こりだけではなく、僧帽筋という背中の筋肉が伸ばされすぎて頭痛を引き起こす原因に。また、神経根は背中にあるので、ブラを改善することによって、腹痛や疲れなども改善されますよ」という。

では、気になる正しいブラの見分け方とは? 鏡を見て次の状態であれば、すぐにブラ・フィッティングをして新しいものに買い替えるべきだという。

● アンダーがずり上がる
両腕を上げたときにアンダーがずり上がるようなら、アンダーがゆるすぎる。

● 肩ストラップがくいこむ
胸のサポートの80パーセントはアンダーの仕事で、残りの20パーセントをストラップが支えているという。もしストラップがくいこんでいるのなら、アンダーがゆるいため、肩で支えようとしてストラップを短くしている状態なのだそう。

● ブラの中心と身体の間にすき間がある
ブラの中心は、身体にぴったりとついている状態がベスト。もしここが浮いているのなら、カップが小さすぎる。

● 背中のアジャスターが伸びすぎている
背中部分のストラップは、平行になっているべき。もしストラップが離れすぎているようであれば、アジャスター部分が小さすぎる。

photo by friker _Pixelmaniac_
参考記事:Is your bra making you ill?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!