貴方のビューティーケア、間違っていませんか?美のプロが教える、自宅で実践ケアレシピ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.11.01.Mon


普段の生活で何気なく行っているビューティー・ケア。でも、逆にダメージの基になっていたり、効率が悪かったりと、自己流のケアには注意が必要だ。
そんなわけで、今回はスタイリストやメークアップ・アーティスト、エステティシャンたちのいわゆる「美のプロフェッショナル」たちが、自宅で実践できるケアを伝授。
簡単なアドバイスに従って、目指せ、美人生活!

ヘアケアは「ブラッシング」から始まる

お風呂に入る前に、まずは丁寧にブラッシングしよう。
濡れた髪はとてもデリケートで痛みやすいため、乾いた状態でもつれをほぐすことで、枝毛などのダメージを防ぐことができるのだ。
また、ブラッシングすることで髪の根元や地肌の汚れが落ちやすくなるうえ、頭皮の血行が良くなるので、抜け毛予防や健康な髪への第一歩。

「プレ・シャンプー」でより美し

シャンプーを付ける前に、シャワーでしっかりと頭皮と髪の汚れを洗い流すこと。
2、3分お湯で洗うだけで、なんと汚れの7割が落ちるというから驚きだ。
また、プレ・シャンプーを行うことで毛穴が開き地肌の汚れが落ちやすくなるうえ、シャンプーが少量で泡立つので、必要以上に髪の油分を落とすことがなくなる。

洗うときはやさしく、やさしく

シャンプーは直接頭に付けてしまいがちだが、まずは手で泡立ててから頭皮に付けるのがポイントだ。
勢いよく髪をこするとキューティクルを傷つけてしまう原因になるので、指の腹で地肌と根元をマッサージしてから、毛先に向かって泡を滑らすように洗ってみよう。
プレ・シャンプーでだいたいの汚れは落ちているので、地肌以外はやさしく洗うこと。また、シャンプーは「すすぎすぎかな」と思うぐらいすすぐのが◎。

美肌を手に入れるなら贅沢シルク

枕カバーのデザインにはこだわっても、素材にこだわる人は案外少ないのでは?
でも、人生の3分の1は睡眠に費やされるーーということは、肌に優しい素材に変えることで、何時間分ものダメージが軽減されるということだ。
一番のお薦めは、静電気の発生を軽減するシルク製の枕カバー。
部屋が乾燥しがちな時期でも、コットンと違って肌の水分を逃がさないし、何よりも低刺激なのでお肌に優しい。
せっかく美容液やクリームでお手入れしても、枕カバーに吸収されてしまう……なんてこともなくなる。

自家製スクラブでつるすべ肌に

せっかくおしゃれをしても、ガサガサなかかとやひじでは、女がすたる!
ましてや、これから乾燥がひどくなる時期、かかとがひび割れしている人は、今からきちんと角質ケアを始めよう。
シーソルトひとつかみに、大さじ2分の1杯のアーモンドオイルを混ぜるだけで、簡単に自家製スクラブが完成。
体を洗ったあとにすり込むようにマッサージすれば、1回のお手入れでもすぐに効果が分かるはず。

少しのお手入れで美ネイルが長持ち

ネイルアートが好きな人でも、つい「面倒くさいから」と、爪のお手入れを怠ってしまう人も多いのでは?
でも、塗る前にお湯に指先を2、3分つけるだけで、ネイルはぐんと長持ちするのだ。
マニキュアが浮いてしまう原因である除光液や爪の油分が落ちるうえ、甘皮が柔らかくなり手入れがしやすくなって、まさに一石二鳥!

明るい目元に

せっかくアイメイクに時間をかけても、目元がくすんでいてはパッとしない印象になってしまう。
とはいえ、カバーしようとすればするほど色が浮いたり、厚塗りになってしまったりと、自分に合ったコンシーラーを見つけるのは意外と難しい。
賢いコンシーラー選びのポイントは、クマの症状別に色を使い分けること。
まず、青黒いクマでお悩みの場合は、ピンクやオレンジ系をチョイス。
逆に、色素沈着が原因の茶色っぽいクマには、イエロー系が最適だ。
また、目の周りは皮膚が薄くしわになりやすいので、伸びが良いコンシーラーを選ぶのも大切だ。

参考記事:http://fashion.telegraph.co.uk/beauty/news-features/TMG7859225/Beauty-spot-top-beauty-tips.html
photo by friker -Mrs. Blue-

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!