海外セレブの摩訶不思議ダイエットに挑戦!  クリスティーナ・アギレラ編

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.11.04.Thu

The Los Angeles County Museum of Art Presents: 'The Unmaking The Lynda and Stewart Resnick Exhibition Pavilion Opening Gala held at The LACMA in Los Angeles, California on September 25th, 2010 Christina Aguilera                                              Fame Pictures, Inc

 

圧倒的な歌唱力で世界を魅了する歌姫、クリスティーナ・アギレラ。出るべきところは出て、引っ込むべきところは引っ込んだメリハリ・ボディーでセクシーな衣装を着こなす彼女だが、その秘訣は「色分けされた食事」にあるのだとか。そこで今回は、アギレラ流色分けダイエットに1週間挑戦した一般人女性の体験談をご紹介しよう。

(ダイエット法)
月曜日は白、火曜日は赤、水曜日は緑、木曜日はオレンジ、金曜日は紫、土曜日は黄色というように、1日に1色、その色の食材だけを食べる。7日目は「レインボー色」の日となっており、いろんな色の食材を食べられる。また、チーズと小麦粉を使用した食材(パンやパスタなど)は禁止されているが、それ以外は何をどれだけ食べても良い。

(体験者)30歳の女性 
(身長)170センチ
(体重) ダイエット前: 78.9キロ ダイエット後: 75.1キロ

野菜と果物は普段からよく食べているため「色ごとに食べるなんて、お茶の子さいさいよ」と、なめてかかっていたベジタリアンの体験者。だが、いざダイエットを始めると、「こんなに制限があるなんて……」と、自分の甘さを痛感したようだ。というのも、「白の日」でない限りタマネギやニンニクなどの基本的な材料が使用できないため、通常のように料理できず、野菜や果物を単品で食べるはめになったからだ。

1週間の中で一番簡単だったのは「レインボーの日」と「白の日」で、逆に「オレンジの日」は人参やオレンジぐらいの食材しか思いつかず、「退屈でずっとお腹が空いていた」のだとか。また、ダイエット中は外食できないうえ、「いつもより疲れやすいし、すぐにお腹が空いてしまった」という。

ちなみに、ダイエットを終えた体験者が、その後初めての食事に選んだのは、パルメザン・チーズをたっぷりかけたパスタとガーリック・ブレッド。ダイエット期間中に禁止されていた食材を思い切り堪能したようで、まさにリバウンドまっしぐら……となったもよう。「とてもじゃないけど、1週間以上は続けられないわよ」とは、彼女の正直な感想だ。


参考記事:http://www.mirror.co.uk/celebs/news/2010/05/24/we-tried-the-weirdest-celeb-diets-115875-22280367/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!