春夏は必須!?輝く髪を導くヘアケアレシピ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.05.Tue

髪は女の命とはいっても、ヘアケアはスキンケアほど重要視されておらず、怠りがち。
しかし、髪は1年中、いろいろなダメージを受けています。そのダメージの代表例はパーマやカラーリングなど香粧品によるもの、紫外線や海水など天候・環境によるもの、ブラッシングによる摩擦、冷暖房による乾燥など。
日常生活で髪はさまざまなストレスにさらされていますが、特に春~夏は強い紫外線を受け、髪がダメージを受けやすい季節。健康な髪をキープできるかどうかは、この季節のヘアケアにかかっているといっても過言ではありません!
今回は、美髪を導くヘアケアのポイントを紹介します。

シャンプーの使いすぎに注意

汗をかく機会が増え、シャンプーをする回数が増える人も多いのではないでしょうか。
シャンプーは頭皮を清潔にしますが、シャンプー直後の頭皮は脂質が少なくなり、刺激を受けやすくなります。
頭皮の皮脂が通常に戻るまでにかかる時間は約24時間。1日に何回もシャンプーをすると皮脂量が少ない状態が続くため、刺激を受けやすくなり、頭皮が炎症を起こしてしまうこともあるといわれています。

紫外線対策

紫外線対策は肌だけでなく、髪にも重要。髪や頭皮が紫外線にさらされると、キューティクルが傷ついたり、頭皮が日焼けしたりと、さまざまなダメージが現れてきます。
そのようなダメージを予防するために、紫外線対策をしっかり行いましょう。日傘や帽子の着用、髪用のUVケアミストを使用するなどがおすすめ。

規則正しく生活する

食生活や睡眠時間などが乱れると、細胞の生まれ変わりのスピードが衰え、健康な髪を生み出すパワーが減退するといわれています。
また、不規則な生活が続くことで皮脂分泌が過剰になる場合も。野菜を中心としたバランスの良い食生活と、規則正しい睡眠は肌だけでなく、髪にも良いのです。

髪に良い食事

髪を作り出すのに欠かせないのが、タンパク質。献立に豆類、肉、魚などを一品加え、毎食、タンパク質を摂取することを意識しましょう。
また、タンパク質を効率よく吸収するためにはビタミンも必要。ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンEを多く含む食品を積極的に取り入れて。ニンジン、カボチャ、ほうれん草などの緑黄色野菜、イワシ、サバなどの青魚、オリーブオイル、ナッツ、ゴマなどがおすすめ。
細胞の生まれ変わりをサポートするためにも、血行を良くすることも大切です。冷えた料理より、温かい料理を意識して摂りましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!