加齢なんかに負けない!若さを保つためのパーツ別ケア方法!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.02.27.Mon

実年齢にかかわらず、加齢現象は容赦なくおそってきます。できるだけ早いうちから対応しておいて損はありません。小皺、かさかさの手、首筋など気になるパーツはたくさん。
各パーツにあったお手入れを日々心がけて、年ごとにますます輝けるような美しさを目指しましょう。


ターゲット:目元、口元の小皺

対処法

怖いことですが、加齢現象は顔にもっとも表れやすいといってもいいでしょう。常に、外気の影響に晒されていることに加え、目や口などよく動く分、皺もできやすいのです。
まず一番気をつけたいのは、どんなときもUVケアをして紫外線のダメージを徹底的にシャットアウトすること。UVケアをしっかりしていれば、肌はダメージと戦うより、肌質の再生により専念することができます。さらに、アンチエイジング効果の高い成分(ビタミンB3 、レチノール、コエンザイム10など)が入ったケア製品でコラーゲンの生成を促進させましょう。1週間に1、2度のスクラブ洗顔で古い角質を落としてから栄養分補給することも大切です。
顔のなかでも、もっとも小皺が目立つのはなんといっても目元、このエリアはアイクリームでさらに重点的にケアすることも忘れないでください。


ターゲット:手

対処法

全身のなかでもっとも紫外線や環境汚染物質に晒され、劣化しやすいのが手です。どんなに隙なくネイルアートをしていても、手の肌質がかさかさしているとかえって加齢がはっきりと浮き彫りになってしまいます。また、オフィスワークの人は、紙を触っているだけでも指先の皮脂が奪われ想像以上に乾燥がすすみます。酷使している手こそ、ケアを忘れないであげたいパーツなのです。
SPF入りのハンドクリームを常備し、定期的につけるようにしましょう。さらに、週に1度はスペシャルトリートメントでケア。スクラブ剤で手をよく洗った後、保湿パックで水分補給。このパックはフェイシャル用でOKです。また、お休み前にも、好きな香りのハンドクリームを塗ってからベットへ。睡眠中に手の肌をしっかり保湿してまもってくれます。

ターゲット:デコルテ

対処法

首筋から胸元にかけてのデコルテは、思っている以上に女性らしさがでるパーツです。顔とも直接つながっているのですから、このエリアも顔と同じくらい重要視してケアすることが大切でしょう。このエリアも紫外線でのダメージがもっとも大きいのでしっかりUVケアを忘れずに!(とくに首後ろ側)
週に1度はスクラブ剤で古い角質を落とし、さらに日々ボディクリーム等を寝る前にしっかり塗って保湿ケア。デコルテエリア専用のクリームも発売されているので、ここを重点的にケアしたい人にはおすすめです。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。