42歳ジュリアロバーツ、フィットネスの秘密

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.01.Mon

全世界で、累計700万部も売り上げた、エリザベス・ギルバートさんの大ヒットガールズトーク本『食べて、祈って、恋をして』。

離婚し、失恋した主人公の女性が、1年間、自らを探す旅に出る。イタリアでグルメを追求し、インドで瞑想し、最後にインドネシアのバリ島で恋愛…。 そんなふうに『I』で始まる3カ国を訪ね、3ヶ月間そこに住み自分らしく生活していくうちに、自分を発見し、心が成長するという物語である。

この『食べて、祈って、恋をして』、2010年にはジュリア・ロバーツ主演で映画化され、日本でも人気を博した。だが、イタリアでグルメを食べるという撮影中、ジュリア・ロバーツが10ポンド近く太ってしまったというのだ。
というのも、『食べて、祈って、恋をして』は、離婚して傷ついた主人公の女性が、イタリアへ行き、思う存分自分を甘やかせておいしい食べ物を食べ、お酒を飲見まくるところから話が始まる。

いつものジュリア・ロバーツであれば、その美しい体型をキープするための努力を欠かさない。いつまでも細くてスタイリッシュな体型を保つために、彼女の5才半の双子ちゃんや3才の子供たちと走りまわって遊んでいるのである。

そんな彼女は、ある雑誌の取材に対し、こう語っている。「何千年も前から、人は子どもを作り、子どもを愛し、子どもを求め、子どものためにそばにいるのよ。美しく歳を取っていくということは、そんな人間の遺伝子と愛の支えのコンビネーションによって得られるものなのよ。」

そんな彼女は、もう42才。幼い子供たちと遊びまわるために、エクササイズの第一人者キャシー・ケーラーとの週4回のワークアウトを欠かさないそうである。

「『食べて、祈って、恋をして』によって、彼女の体型は相当変わってしまったわ。だけど、彼女の体型を何とかしたくて、彼女がカリフォルニアに戻ってきてすぐ、トレーニングめぐりに連れ出したの。」と話すのは、彼女のトレーナーでもあり、数々のセレブやモデルのワークアウトを担当しているキャシー・ケーラーさん。「20分から40分間のエアロビクスをして、腕立て伏せや腹筋などの筋トレを40分間行ったの。」

ジュリアは今でも、エアロビクスによるトレーニングを続けている。ジュリア・ロバーツは、もともとエクササイズは好きではないことを認めているが、厳しいトレーニングによって強さと達成感を得られたようだ。

また、エアロビに加え、ジュリアはアクアティックスと呼ばれる水中トレーニングを行なっている。クライヴ・オーウェン・ジュリア・ロバーツ主演の『Duplicity(邦題:デュプリシティ)』の撮影前には、マリブにある彼女のプールで泳いだり、クロスカントリースキー、ランニング、筋トレや加圧トレーニングなどを行ったそうだ。

昨年2010、米ピープル誌が選ぶ「世界でもっとも美しい女性」に選ばれた42才のジュリア・ロバーツ-年を重ねるごとに美しさを増しているのは、その影に厳しいトレーニングや素晴らしい努力があるからなのだろう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!