あなたは大丈夫ですか?紫外線から肌を守る為に日常的にしておきたい事まとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.01.Thu

そろそろ寒い時期が終わり、段々と暖かくなってくる季節。まだ紫外線はそんなに出ていないと思って顔周りだけケアしている方が多いと思いますが、油断は禁物です。もっと効果的なケアの仕方をご紹介致します。

意外な盲点!日焼けは肌からだけじゃなかった!

近頃は、ファンデーションや下地自体に既に紫外線対策を行っている商品も多いですし、随分紫外線をカットするグッツも巷に沢山溢れていますが、ただ塗ったり衣服でカバーするだけでは防ぎきれないのをご存知でしょうか?
実は、紫外線は皮膚だけでなく目も対策をする事が重要です。
目がダメージを受けると脳にそのまま指令がいってしまい、メラニンを生成して肌が黒くなってしまうのです。

より効果的に目を守るには?

サングラスは光による小じわを防ぐだけでなく、そういった事からも守ってくれますが、お化粧がよれてしまったり職場にかけていくのはちょっと、、、といった場合もあります。
そういう時はUVカット機能が付いているコンタクトレンズが大活躍です。

UVと書いていればどれでも良いの?

“UV”と書いてあったらどれも同じに見えてしまいがちですが、UV吸収剤配合というだけではカットはされないので要注意。
ちなみに、幅広い世代に人気の”ディファイン”という黒目を大きくぱっちりと見せてくれるコンタクトレンズを扱うアキュビューの商品は、ディファインを含めUVカット機能がしっかりしていてお勧めです。

光で飛ばして見た目もゴージャスに!

その他、ラメやシャイ二ーなメイクで光を跳ね返す事で紫外線カットにもなりますよ。
日焼け止めにラメを配合している商品もありますが、意外と日焼け止めは肌に合わない物や付け心地に好みがあったりするもの。特に敏感肌で決まった商品を使っている方や、リーズナブルな価格の日焼け止めをたっぷり使いたい場合は、以下を実践してみて下さい。

何のアイテムにでも混ぜれて便利!

ドラッグストアのメイクコーナーで売っているラメや、M.A.C cosmeticsで売っている粒子の細かいピグメントは誰でも手軽に手に入れやすいアイテム。
実は、普段から使用している日焼け止めに、このラメを少量混ぜるだけでも効果は絶大。デコルテにもしっかり塗ると、光でより一層綺麗に見えて一石二鳥です。

同じ要領で、元々使っているファンデーションやアイシャドー等、何でも混ぜて使えますので、一つ買って置くと中々無くなりませんし、とても便利です。

もしも思わぬ日焼けをしてしまったら

それでも沢山日差しを浴びてしまったり、うっかり防御し忘れた部分を発見した場合は、3日以内にビタミンC、Eとβカロチンを多めに摂取すれば大丈夫。

ちなみにビタミンCはサプリメント類から摂取した場合、一度に大量に摂取してもすぐに排出されてしまいます。朝晩2回に分ける等の工夫をしましょう。
一度で効果が欲しい場合は、専門クリニックで点滴等で直接体内に入れるのも大変有効な手段です。

普段の飲み物+α で調整可能!

スキンケア商品だけに頼るのではなく、飲み物や食べ物から摂取するとより一層効果的なので、いつもはコーヒーを飲むところを野菜ジュースやフルーツジュースに置き換えたり、お水にレモン果汁を少し入れてみるだけで、簡単にメラニンの生成を抑制出来ます。

また、女性の皆さんは特に生理前は要注意。体内の黄体ホルモンの分泌が増え、紫外線の影響を受けやすくなるので日焼けしやすい状態になっているので普段よりもしっかりケアをしてみて下さいね。

ライター:*MiMi*
ロンドンで特殊メイクも出来るHair&Make-upアーティストとして雑誌から映画までとマルチに活動中。美容、アート、ファッション、旅行、そして日々感じる文化の違いまで幅広くお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!