自宅で簡単にできるデトックス方法とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.07.24.Sun

身体の代謝機能、解毒機能を担う大切な臓器といえば「肝臓」。

昔から、「休肝日は適度にとりなさい」と怒られるお父さんも多いかと思いますが、実は、デトックスを気にする女性にとっても、肝臓を休めて機能を高めることはとても大切。肝臓は、脂肪の消化や代謝を助け、添加物や有害物質などの解毒を行ってくれる優秀なデトックス器官です。美容院でのパーマや、お酒やタバコ、排気ガスなどで知らず知らずのうちに体内に溜まってしまった毒素を浄化してくれるんですよ。

今回は、自宅で簡単に取り入れられるデトックスに最適なハーブをご紹介します。どれも、ハーブティーとして販売されているものばかりです。普段の生活の中で酷使している肝臓を休め、デトックスしてみてくださいね。

オオアザミ茶

利尿作用や解毒作用、抗酸化作用で有名な「オオアザミ」。ヨーロッパでは、2000年も前から肝臓の薬として用いられてきたオオアザミには、シリマリンという抗酸化作用・抗炎症化作用に優れた成分が入っています。

そのエキスには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす働きがあると言われるほか、有害物質によって傷ついてしまった肝細胞を再生させる役割もあるとされているんですよ。また、これに似た作用を持つハーブに「アーティチョーク」というものも有名です。

他にも、オオアザミに含まれるシリマリンには、細胞を解毒する作用がある「グルタチオン」という抗酸化物質を増やす作用もあると言われています。そんなシリマリンが豊富に含まれているオオアザミ茶は、コレステロールが気になる方や、身体の中からデトックスしたい方におすすめです。

タンポポの根(セイヨウタンポポ)

ヨーロッパでは古くから薬草として知られ、中国では蒲公英根という漢方薬にもなっている「タンポポ」。そんなタンポポの根から出来ている「たんぽぽコーヒー」は有名ですよね。小さい頃に飲んだことがある方も多いのではないでしょうか?ノンカフェインで、身体を温め、血液をキレイにし、母乳分泌を促進させたり、ビタミン・ミネラル・鉄分などの栄養素が豊富に含まれているため、妊娠中の方がよく飲まれていますよね。

そんな、栄養たっぷりで身体にも優しいタンポポは、デトックスにもぴったりなんですよ。タンポポには、カリウムが豊富に含まれているため、強い利尿作用があるため、むくみが気になる方のデトックスにぴったりです。また、タンポポ茶は、ちょっと苦めでコーヒーのような味がするので、普通のデトックスティーに飽きてしまった方にもおすすめですよ。

ウコン(ウコン)

飲み過ぎた日のお供として知られる「ウコン」には、クルクミンというポリフェノールがたっぷり。クルクミンは、ウコンの活性成分で、肝臓の細胞を再生し、毒素を浄化するといわれています。また、ウコンには肝臓の炎症の改善や、胆汁を増やしたり、酵素を増やす働きがあると言われています。

特に、「秋ウコン」と呼ばれるものには、クルクミンが豊富に含まれています。クルクミンは、解毒作用や抗酸化作用も強く、活性酸素を除去する作用もあると言われています。生活習慣病が気になる方は、ウコン茶でのデトックスをおすすめします。

注意点

この資料は情報提供のみを目的としており、病気の診断や治療を目的としておりません。持病のある方や妊娠中、投薬中の方は、かかりつけの医師に相談してください。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!