ウォーキングで最大の効果を引き出すための15の心得

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.26.Wed

ダイエットに一番効く運動は散歩と言われていますが、ただやみくもに歩けばいい、というわけではありません。体に効いてしっかりと脂肪を消費することが出来るウォーキングの仕方をご紹介します。

散歩をする前に

1、目標を作りましょう。

2、歩く前に体と心の歩調を合わせる時間を作りましょう。その日の気分によって歩き方を調節することが重要です。

3、 室内で歩くよりは、近所でも良いので外で歩きましょう。外気に触れることで体の調子が良くなります。周りの風景を見ることで感覚も研ぎ澄まされます。

4、歩く前に深呼吸をしてください。呼吸と歩調は関係します。呼吸を整えリラックスして散歩することで、ストレス解消になります。

5、自分に最適なウォーキングシューズを見つけてください。靴は散歩を行う上で最も重要です。

6、心拍数モニターを用意しましょう。歩くペースを決めることができます。最大心拍数(220から年齢を引いてください)の60%~80%を保つようにしましょう。

散歩中

1、散歩中に気晴らしをするのは避けましょう。ジムでテレビを見たり、音楽を聞きながら散歩をするというのは、やってしまいがちなことですが、お勧めしません。散歩に集中したほうがより多くのカロリーを消費します。

2、なりたい自分をイメージして歩いてください。できれば紙に書くなどビジュアル化しておきましょう。良いイメージを持ちながら歩くことで、体もそれに向かって自然と動きます。

3、感覚を研ぎ澄まして歩く時間を作りましょう。カロリーを消費するための散歩は早く歩くことが重要です。けれど若返るためには、感覚を研ぎ澄まして歩くことが重要です。できればはじめの10分間は、感覚に注目して歩きましょう。まずは自分自身の体に注目します。土を踏む感触や、体を流れる血流を感じましょう。次に周りの風景に注目して下さい。
どんな風景で、どんなにおいがして、どんな色があるか、じっくり感じながら歩きましょう。

4、散歩中に一定の間隔を決め、速度を上げて歩いてみましょう。普段より2倍カロリーを消費します。ずっと早足だと続かないので、時間や距離を決めましょう。呼吸もスピードに合わせて変えてください。

5、コースに坂をいれましょう。上り坂は体力づくりに効きます。上り坂と下り坂を入れ、歩くペースを変えるのが理想的です。

6、時々素足で歩いてみましょう。はじめは変な感じがするかもしれませんが、すぐに慣れます。草や土の上を歩くことは、より多くのカロリーを消費し、体のバランスを整え、筋肉を強化します。

7、同じコースを連続して2日歩かないようにしましょう。

8、散歩友達を作りましょう。人と散歩をしていると、時間は早く過ぎ去り、たくさん歩けるものです。できればあなたより歩くのが早い人の方が、あなたの消費カロリーも増えます。

9、散歩の後は、体を伸ばすか、犬のポーズと言われるヨガのポーズをとりましょう。乳酸が流れ、その日のうちに疲れを取ることができます。

参考記事:25 Ways to Rev Up Your Walking Workout

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!