簡単便利!プロ直伝メイクアイテムのケア技を伝授します。~つけまつげ編~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.27.Tue

ブラシ、パフを洗うには専用洗剤を使わないと駄目、ヘアーブラシってどうやったら洗ったら良いんだろう?
よくある疑問や、お店で専用のケアアイテムを買わなくても家庭でお得にメイク道具のケアを済ませられる、そんな方法を少しずつお伝えしていくコーナー。

今回は“つけまつげのケア”の仕方を伝授しちゃいます。

つけまつげを繰り返し使うためのケア

ツケマツケル~♪と歌にまで成る程、今時女性には欠かせないアイテムとなったつけまつげ。
案外1度で捨ててしまう人も多いのでは?きちんとケアすれば何度も使えるんですよ。ちなみに撮影で使用する場合はきちんとケアした場合でも大体5回が使用する限界。日常と違い、細かいクオリティまで写ってしまうので、これ位しか使用出来ませんが、個人使用となれば話しは別です。しっかり長持ちさせて色々な種類のつけまつげをトライして、もっとメイクを楽しんじゃいましょう。

つけまつげを付ける前のポイント

つけまつげの長さの調整については、きちんとパッケージに調整方法が表記されている場合もありますが、どうやったらより一層馴染むのかは不思議と書いてありません。
長さが合っているかも気になりますが、それよりも朝は綺麗に付いていても夕方になると浮いてきてしまったり、まつ毛と間が出来てしまって何だか変。。。という悩みを解決したい方が多いのではないでしょうか?

付ける時のコツは?

ヘアメイクの現場でよくモデルさんやスタッフから質問されるのが付ける時のコツ。
話しを聞くと、指で両端を持って少しカーブさせてから使用したり、箱から取り出してそのまま使ってしまう事が多いようですが、これは間違い。カーブをきちんとつけていない事が、時間の経過と共に浮いてきてしまう最も大きな原因です。また、付ける前に一手間かける事によって、馴染み方にも差がつきますよ。

つけまつげはカーブが命!

両端を指で持ってカーブをさせるのは間違いではありません。しかし、私達プロのメイクアップアーティストは、より自然にまつ毛と馴染ませる為に可能な限りカーブ力を上げたいので、その為には綿棒かアイライナーを使用します。

1)つけまつげをケースから外します。ずれ防止の為に両端にグルーが付着されているので、こちらは取らずにそのままで。もし取れてしまったり、あまりにも接着力が弱いようでしたら、薄くつけまつげ専用のグルーを塗って下さい。

2)アイライナーペンシルや綿棒につけまつげを巻き付けて下さい。綿棒を使う場合は、コットン部分では無く、プラスティックの柄の部分を使用します。巻き付ける際はまつ毛が重ならないように注意。イメージとしては螺旋階段の形状になるようにクルクルと巻いて下さい。巻き付ける間隔は広めで大丈夫です。

3)2分~3分程放置して取り外し、お好みでカーブを整えて完成!

他の部分のお化粧や髪の毛のセットをしている間にあっという間に出来るので、忙しい時でも大丈夫。この一手間を使い始めにかけてあげるだけで、時間が経過してからのまつ毛のグルーの浮き離れも防げる様になります。また、カーブが付き過ぎた場合も、少し指で馴染ませればすぐにゆるく自然なカーブになります。自分の目のラインに合わせて調整してみて下さいね。

使用後のケアと、用意する物

何度も使うにはきちんとしたケアが不可欠です。特に、つけまつげは目の周りに使用する物なので、しっかりと除菌をする事が大切です。綺麗な綿棒を一本と、アルコールを用意しましょう。

1)つけまつげの接着部分の汚れを、あらかじめしっかりと取って清潔な状態にしておきます。

2)アルコールを綿棒に少し染み込ませ、つけまつげの接着部分のなぞる様にして拭きます。この際、まつ毛部分にアルコールがかからないように要注意。アルコールは除菌する力がある程強力な物なので、まつ毛部分にあたると毛が痛んでしまいます。痛む事によって光沢が無くなったり毛が抜けやすくなったりするので、余分にアルコールを綿棒に染み込ませないようにしましょう。

3)ティッシュの上等に放置して乾いたらOK!再度使用出来ます。

たったこれだけの事で何度も繰り返し使用出来るので、綺麗なまつ毛で目力をアップして、どの角度から見られても大丈夫なように心がけましょう!

ライター:*MiMi*
ロンドンで特殊メイクも出来るHair&Make-upアーティストとして雑誌から映画までとマルチに活動中。美容、アート、ファッション、旅行、そして日々感じる文化の違いまで幅広くお届けします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!