今話題の「トマト」!?トマトの本当にダイエットに効く食べ方はこれ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.29.Wed

トマトに脂肪燃焼効果がある新成分が発見されたということで、トマトやトマトジュースの売り上げが一気に伸びましたね。トマトなら毎食2個、ジュースなら毎食200mlを飲めば効果が出るとのこと。
この成分だけでなく、トマトには以前からダイエットや、美容効果がある成分がたっぷり。トマトの成分の詳細と、トマトの効果がよりアップする食べ方をご紹介します。


トマトの効能

リコピン・・・「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言う諺があります。トマトの赤みを出しているのが、リコピン。リコピンは、β-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍と言われるほど、抗酸化作用が豊富。抗酸化作用は体の酸化を防ぎ、生活習慣病や老化予防になります。また血液をサラサラにしたり、新陳代謝を高める効果もあります。

13-oxo-ODA・・・今回発見された新成分。血中や肝臓の脂肪を燃焼する効果があります。その効果は、一ヶ月マウスに食べさせたところ、中性脂肪濃度が約3割減少するほど。

美肌効果・・・リコピンに加えカロチン、ビタミンA・Cが豊富なトマト。メラニンの生成を促進する活性酸素を消したり、コラーゲンを生成する力を持っています。シワ、シミ、たるみの予防など、アンチエイジング効果があります。

むくみの解消・・・カリウムやミネラルを豊富に含むので、水分を体内から排出し、むくみ解消に役立ちます。

便秘解消・・・トマトに含まれる食物繊維が胃腸の調子を整え、消化促進や便秘解消となります。


トマトの食べ方

「13-oxo-ODA」の効果を実感するには、はじめに書いた通りに摂取する必要があります。その他のトマトの効能も、女子としては嬉しいものばかりですよね。トマトの効能を、より効果的に取り入れる食べ方をご紹介します。

1、加熱したトマトがオススメ

本来夏が旬のトマト。夏野菜特有の、体を冷やす効果を持っているんです。しかし加熱することで性質が変化し、体を温める効果に変わります。加熱するとリコピンが2~3倍吸収されやすくなり、体内の脂質や不要物を排出する力も倍増。コレステロールや中性脂肪を減らします。
リコピンは熱に強く、油に溶けやすいので、トマト料理やケチャップ、ホールトマト、ジュースでもOK。


2、焼きトマト

「焼きトマトダイエット」なるものがあることをご存知ですか?焼きトマトにすると甘味が増すので美味しく、食前に食べると腹持ちが良くなります。またトマトの酸味は気持ちを落ち着かせるので、ダイエット中のイライラを抑える効果もあります。
焼きトマトの作り方は普通のトマトを6等分し、アルミホイルで包みます。そのままオーブンで10分焼けば出来上がり。1日2個、食前に食べればOK。ストックしても大丈夫なので、一度に沢山作れば毎日続けられますよ。


3、トマトジュース+牛乳

トマトジュースと一緒に牛乳を同じ量飲むと、リコピン吸収率が上がるという研究結果が出ています。夜寝る前にトマトジュースを飲めば、むくみ改善効果アリ。一緒に牛乳を飲めば、安眠効果も高まります。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!