大人のニキビトラブル、対処法と予防はこれ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.01.09.Mon

食生活の乱れ、あるいはホルモンバランスのくずれ、さまざまな要因で、大人になってもにきびに悩む人は、たくさんいます。10代の頃こそ、ニキビは青春のシンボルともいえましたが、大人になってからのニキビはちょっと恥ずかしいもの。ひどくならないうちになんとかしないものです。

大人でもにきびに悩む女性は、15パーセントほどにものぼるといわれています。大人のニキビは悩ましいものですが、何ヶ月もニキビが消えないということはありません。大人には大人のアプローチで、このトラブルを改善しましょう。

まずは原因を探ることから始めよう!ニキビができる原因とは??

毛穴のつまり

ホルモンの機能が乱れ、過剰に脂分が皮膚に分泌されるようになると、皮脂により毛穴がつまりやすくなり、細菌の増殖する温床となります。こうした細菌たちが炎症を引き起こし、大きくて腫れ物のようなニキビの原因となるのです。


ホルモンバランスの乱れ

月経、妊娠、更年期など、女性ならではの“特別な時期”を迎えると、身体もそれに応じて変化し、ホルモンバランスも乱れるようになります。生理前になるとニキビになりやすい、というのもよく聞いたことがありませんか?
また、女性ながら男性ホルモンの多い人もニキビになりやすいといわれています。


ストレスや不健康な食生活

脂肪分や糖分の多い食べものばかり食べていると、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、ニキビの原因ともなります。また、加工食品を多く摂ると、インシュリンレベルが上昇し、ホルモンの調整機能が崩れてしまい、ニキビにつながることもあるのです。ストレスから、過食やお菓子の食べすぎに走るのも結果的に同じこと。急にニキビが増えだしたと感じたら、まずは食生活から見直しましょう。


どうやってニキビを直す??

毛穴のつまりを取り除く

まずは、洗顔をつうじて毛穴のつまるプロセスをストップさせることです。角質を溶解する成分のあるニキビケア専用製品を使って、毛穴のつまりを抑えましょう。また、アルファハイドロキシ酸(フルーツ酸)や過酸化ベンゾイルにも同様の効果があります。

クレアラシル|スキンケア講座
クレアラシルのHPには、ニキビケアに関する情報がたくさん

肌にやさしい食生活を守る

自然療法医、ミーガン・マシューズ先生が推奨する、食事バランスを参考にしてみましょう。
様々な色グループからの野菜   60%
タンパク質(卵、魚、鶏肉、ヨーグルト)  20%
複合タンパク質(未精白の穀物など)  15%
加熱していない油  5%
上記の配分をまもり、加工食品は控えることがニキビ予防、体質改善にもつながります。

もし、3ヶ月たっても改善がみられない様であれば、皮膚科医に相談し、薬を処方してもらうほうがよいでしょう。症状が長引く場合は、単なるニキビ以上のトラブルがあるかもしれないので、医師による的確な診断が必要です。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。