飲んでも、塗っても、お風呂でも効く!底知れぬ美肌効果をもつ「日本酒」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.04.Sun

この時期、特に熱燗が美味しい日本酒。実はこの日本酒に、美容効果があることをご存知でしたか?
昔は化粧水代わりに使っていたほど、日本酒は驚きの美肌効果を秘めているんです☆飲むのはもちろん、塗っても、お風呂に入れても効果はバッチリ。日本酒のもつ美肌効果と、とり入れ方をご紹介します。

美肌効果

保湿+美肌効果

日本酒を使用したスキンケアアイテムを、目にしたことがある人も多いはず。実は日本酒に含まれる「米ぬか」や「酒粕」には、美肌効果がたっぷり。アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるんです。特にアミノ酸は、角質層で保湿成分として働きます。このアミノ酸が、日本酒にはワインのなんと10倍以上も入っているんです!美容目的にワインを楽しむ人も多いですが、実は日本酒の美容効果も抜群なんですね。

アンチエイジング

日本酒に含まれている、ポフェノールの一種である「フェルラ酸」。この成分には強力な抗酸化作用があり、シワやたるみ、シミなどの色素沈着を抑制する効果があります。筆者の知り合いでも、日本酒を化粧水代わりに付けてシミが消えたという人がいました。

ヒアルロン酸やコラーゲンの生成促進

日本酒の旨味成分である、αGG(アルファ・グリコシルグリセロール)。実はこの成分、 ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させ、肌の保湿力や弾力性を維持する働きをします。肌につけて2週間で、肌の弾力が上がったという実験結果も出ているほど。もちろん飲んでも効果はあります。

冷えやむくみの改善

日本酒を飲んで、体が熱くなった経験をしたことはありませんか?日本酒には、血管を広げるアセトアルデヒドと、血管の収縮を妨害するアデノシンという成分が、他のアルコールに比べ多く入っています。これが体の血管を広げ、血流をアップしているんですね。血行が良くなれば、冷えやむくみの改善に繋がります。

飲んでも、塗っても、お風呂でもOK

日本酒の美肌効果は、飲むことでダイレクトにあらわれます。お酒の強い女子は、飲みに行ったら是非日本酒をセレクトして。熱燗で飲めば体の中からポカポカです。
また、お酒の弱い人でも美肌効果があらわれるのが、日本酒の嬉しいところ。化粧水として塗っても、日本酒風呂にしても肌人効くのです。

化粧水

日本酒を使用した化粧水は売られているので、手軽に試したい人はそちらを使用してみて。手作りするなら、日本酒200mlに、精製水もしくはミネラルウォーター80mlを入れてかき混ぜるだけでOK。2~3週間を目処に使い切りましょう。

日本酒風呂

藤原紀香さんも実践しているという「日本酒風呂」。約38度のお湯に、コップ1~2杯の日本酒を入れるだけ。原材料に「米」「米麹」と書かれたものなら、安い日本酒でも全く問題はありません。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!