メイク上手な女子を目指すならハイライトを使いこなそう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.04.Sat

メイクの仕上げといえば何でしょう?パウダーをはたくこと?香水をつけること?人によってそれぞれ違うと思いますが、生き生きした表情を作るためにも「ハイライト」をぜひ肌にのせてメイクを仕上げてほしいと思います。
ハイライトはブラシでさっと塗るだけで簡単に仕上がります。つい省略しちゃいがち、という方もこの機会に挑戦してみてください!


ハイライトの方が簡単!

ハイライトの何がいいか。それはハイライト入れると、顔に立体感が生まれます。アイシャドウやノーズシャドウを重ねて力強さを出すより、ハイライトを入れるだけで簡単にメリハリを出すことができますし、こちらの方がナチュラルに仕上がるのです。
厚化粧は絶対嫌だけどメリハリを出したい・ナチュラルな小顔メイクをしたい・・・という方はハイライトをオススメします。


白浮きが不安?

ハイライトと言う言葉で「白浮きが不安」と使っていない方もいるようですが、その心配はありません。大きめなブラシで入れるだけなので、ニュアンスだけを残し、しっかりと色が付くようなことはありません。どうしても心配な方やハイライトが初めての方には真っ白なパウダーではなく、ゴールドやクリームイエローのカラーパウダーがオススメです。
このパウダーを大きめのブラシで目の下にさっと入れるだけでもくすみも払えますし、なんといっても自然な明るさが肌に出てきます。


目元にツヤ感が欲しい!

肌に明るい光があるような、そんなツヤ感が欲しい・・・!という方は、目元にハイライトを入れましょう。目尻の横の「Cゾーン」と呼ばれる場所に、ホワイトでできるだけ細かいパールのパウダーをブラシで入れます。また、あごの先にも同じパウダーを入れるとさらにツヤ感はアップ。目元と口元が生き生きとし、表情も明るく見えます。

2012年のメイク傾向として・・・

2012年の春メイクは、いつものチークを入れる場所よりも、もうちょっと上の部分にポワっと上気したような柔らかい色を入れるのが流行になりそうです。シャープなチークラインよりも、普段よりも頬の上の部分でさっと大きめに入れるように意識してください。このとき、同時にハイライト部分も上がることになります。うまく目の下からチーク部分の境目にさっとブラシで入れてあげましょう。

ハイライトを入れてあげると、チークの効果もさらに引き出します。肌がキレイにみえるのはもちろん、それよりもなにより笑顔が明るく見えることがハイライトの一番の効果だと私は思っています。

ライター:カドカワ
「音楽と読書が趣味です。コスメを見つめるだけで幸せになれます。日々女子力向上させることが目標」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!