えっこんなものが!?あなたの肌にダメージを与える意外なものたち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.13.Tue

美容情報にはいつも敏感で、普段のお手入れもばっちり、そんな人でも、ちょっと待って!わたしたちの生活には、意外なところにビューティーハザードが潜んでいます。普段はあまり気がつかないようなところこそ要注意、そんな意外なものたちをもう一度よくチェックしてみましょう。

プールの消毒に使われる塩素

プールの消毒に使われている塩素はなかなか強力、シャワーをしたつもりでも、皮膚上にのこり、塗り薬、クレンザー、ローションと反応を起こして不快な症状をもたらすことがあります。プール後のシャワーでは、泡立ちのよい石鹸やボディソープでしっかり全身と髪を洗うようにしましょう。

コーヒーのカフェイン

コーヒー好き女子も多いと思いますが、コーヒーに含まれるカフェインが乾燥肌の原因となっていることがあります。日常的にコーヒーを飲んでいて、乾燥肌が気になる人は、コーヒーよりもまず水をとにかくもっと飲むようにして、体内から水分補給を心がけてください。水だけで飲むのは味気ないという人は、レモンやオレンジの果汁をちょっと絞ると飲みやすくなります。

ダイエットのための食事抜き

食事の回数を減らして体重を減らそう、というのはダイエット的にも美容的にもNG。食事を抜くことは、お肌の老化を促進し、乾燥しやすい肌質にしてしまいます。健康的な素肌のためにぜひ取り入れてほしいビタミン類があります。
・ビタミンC(例:オレンジ)
・ビタミン3(例:ピーナッツ)
・ビタミンE(例:アボカド)
・ビタミンA(例:さつまいも)
これらをバランスよく摂ることで、肌もいきいきとした触感となってゆきます。

コスメのテスター

店頭で気軽にトライできる、コスメのテスターですが、自分の肌と合わず思わぬアレルギー反応を起こす可能性があります。テスターは必ず、腕などで少量をパッチテストする要領で試しましょう。直接顔につけるのは、とくに敏感肌の人は避けたいものです。

現代人のマストアイテム、携帯電話にも注意!

もはや当然のように利用している携帯電話ですが、ここにもハザード(危険)が。。話すときは、頬や口元に接触する携帯をちゃんと清潔に保っていますか?普段は、かばんの奥に入れたり、デスクに置いていたり、、、。そんな場所もじつは雑菌の繁殖する温床となっている可能性大なのです。きちんと殺菌用ティッシュで定期的に拭いて、清潔さを保ちましょう。

お肌のトラブル、ヘアスプレーが原因かも??

なにを試しても、肌トラブルがおさまらない、、そんな人は、ヘアスプレーや整髪料が顔についてしまって刺激となっているのかも。。次にヘアスプレーや整髪料を使用するときは、きれいなタオルで顔をおおって保護するようにしてみましょう。同じ理由で、ジムなどで汗を流すときは、ヘアーバンドなどで髪につけた整髪料が汗で顔に流れ落ちてくるのを防ぐように気をつけて!

ライター:Waxy

参考記事:Things That Damage Skin

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。