健やかな美しさの源は普段の食べものにある、知っておきたい『ビューティーフード』たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.02.08.Wed

人が生きていくうえで食事はもっとも大切な行為といえるでしょう。だったら、毎日食べるものも、素肌や髪を健やかにしてくれる栄養素がたっぷりとつまった食べものを選びたい、と思うのも女子なら当然のことと言えます。
『食生活を知れば、あなたの人間性まで見えてくる』という表現も英語ではあるように、食べものはほんとうにその人のコアを形成する大切な要素です。毎日ジャンクフードばかり食べているようでは、あなたの女子としての価値も推して知るべし、というところでしょう。

だからこそ、“ビューティフード”と呼ばれるとりわけ、女子の美しさを応援してくれるような食べものを毎日の食生活に取り入れてみませんか?
メイクやブランド物で飾りたてなくても漂う健康美オーラこそ、愛され女子の基本です!


ブルーベリー

ビタミンCが豊富で、免疫力アップに欠かせない抗酸化物質がぎっしりつまったブルーベリー。デトックス効果もバツグンで、ハリのあるお肌を作ります。これはブルーベリーに限らず、ストロベリーやラズベリーといったベリー類全般に当てはまることです。


おススメの食べ方

濃厚なブルーベリーソースを、ナチュラルヨーグルトにたっぷりかけて。
冷凍ベリーを解凍し、水あるいは豆乳とともにミキサーにかけ、ベリースムージーとして。


牡蠣

英語では“海のミルク”とも称される牡蠣。低脂肪で良質なタンパク質が摂れるうえ、健康的で艶のある髪質となるのに欠かせないビタミンBを多く含んでいます。


おススメの食べ方

冬がシーズンの牡蠣は、牡蠣鍋、牡蠣コロッケなど美味しい食べ方がいろいろあります。クリームシチューに入れたり、パスタの具材としてもおすすめ。

トマト

トマトは植物繊維とビタミンAが豊富で、皮膚細胞の生成・維持に大きく貢献しています。弾力のある肌を手に入れたいなら、ぜひ普段から食べて欲しい野菜。また、トマトはさまざまな病気予防にも効果的だといいます。


おススメの食べ方

缶詰のトマトの水煮を使えば、いつでも美味しくまとまった量を摂取することが可能です。あらゆる野菜をざく切りにして、トマトの水煮と煮込むミネステローネスープ、あるいはパスタソースをまとめて作っておいて冷凍保存しておくのも便利です。また、トマト味のクセが気にならない人は、トマトジュースとして毎朝飲む習慣をつけてもよいでしょう。


セロリ

植物繊維が豊富なことで知られるセロリですが、もうひとつのメリットは歯のホワイトニングにも効果があるということ。セロリをかじるたびに、繊維質なセルロースが歯の表面についた汚れを取り除いてくれるというのです。また、免疫力向上にも役立つので、風邪の予防にもぴったり。


おススメの食べ方

ちょっとクセのあるセロリですが、野菜ステックにしてディップで食べるようにすると、結構な量を食べることができます。歯ごたえのある質感はそのうち病みつきになってしまうかもしれません。

ライター:Waxy

参考記事:7 Foods That Help Keep You Beautiful

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。