チョコレートは肌に悪い?携帯電話は??美容にまつわるさまざまな俗説の真偽について

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.24.Sat

世の中で流布しているさまざまな俗説というもの、はっきりした確証はなくてもなんとなく鵜呑みにしてしまっていませんか?
中にはいかにもそれらしい説もありますが、イメージ先行だけということもあるようです。美容に関する俗説についてもしかり。よく知られているものについての真偽を確かめてみましょう。

俗説1:チョコレートを食べると、吹き出物の原因になる

ウソ:チョコレートそものもが吹き出物の原因というわけではありません。ただし、栄養バランスの悪い偏った食生活を続けていると、肌が荒れるのは本当です。
チョコレートそのものよりもトータルでの糖分摂取に気をつけましょう。チョコレートが好きで止められないという人は、カカオ含有率70%以上のダークチョコレートを食べるようにしてみて。

俗説2:きゅうりのアイパックで、目のむくみを解消できる

ホント:目のむくみは遺伝的な原因があるかもしれませんが、対処法として、きゅうりのスライスをまぶたに乗せるアイパックは確かにむくみを解消する効果があります。きゅうりに限らず、冷たいものなら効果アリ。
例えば、使い終わった緑茶のティーバックをしばらく冷蔵庫で冷やしてから、アイパックとして使ってもOKです。まぶた周辺の血管を冷やすことで、腫れやむくみを解消できます。きゅうりスライスでも緑茶ティーバッグでも、冷やす時間は5分くらいがベスト、やりすぎもよくないので気をつけてください。

俗説3:携帯を使って、肌が荒れる!?

ホント:ちょっと怖いことですが、使用するときに、顔の皮膚に接触することもある携帯電話はじつは雑菌の温床。この雑菌が肌に移って肌が荒れてしまうのです。
外国のある調査では、平均的な携帯電話は、ドアノブあるいはトイレシート以上に雑菌が棲みついているとか。清潔な布で使用ごとに携帯電話を拭くなどして、雑菌の温床とならないよう予防するのが一番です。

俗説4:マスカラ液が減ってきたようなので、つけるときはブラシをボトルの中で何回も上下に動かして、マスカラ液をつけるようにするとよい

ウソ:これをよくやっている人が多いのですが、マスカラ的にはタブー行為。なぜなら、ブラシをそのように動かしても、余分な空気と泡をボトルの中に送り込むだけで、かえってマスカラ液を乾燥させて、製品寿命を縮めてしまうだけだからです。
マスカラ液が減ってきた場合は、ブラシをボトルから抜くときにゆっくりとねじるように動かしながら抜き出すようにしましょう。

ライター:Waxy

参考記事:33 Beauty Myths: Fact or Fiction?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。