むくみや肌荒れ、ぽっこりお腹に効果抜群!簡単腸マッサージ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.01.29.Sat

むくみがとれない、肌荒れがおさまらない、ダイエットをしてもなかなか体重が減らないなんて思ったことはないですか?
原因は便秘や冷えなどによる腸の機能低下が原因かもしれません。

腸の機能が低下すると血行が悪くなり腸が凝った状態になったり、老廃物がうまく排出できずにリンパにたまってしまうことによって、むくみ、肌荒れ、ダイエット効果の低下を引き起こすのです。

では腸の機能低下をなおすにはどうしたらいいのかというと腸マッサージをして腸を活性化させるのが最適!
腸マッサージは自宅だけなく会社などでも簡単にできますのでぜひチャレンジしてみてください!

腸マッサージの効果

便秘
肌荒れ
むくみ
下腹ぽっこりの解消
痩せやすい体になる

腸マッサージの場所

仰向けに寝た状態、または座った状態で行います。
※特にオススメなのがお風呂に入っている時。温かいお風呂の中で行うことによって腸の機能をより活性化することができます。

腸マッサージの方法

マッサージは服の上からでOK。妊娠中の方や生理中の方はNGなので気をつけてください。
マッサージの方法はとても簡単です。

◎ くびれ宣言!便秘解消「腸もみマッサージ」 – [ダイエット方法] All About
写真付きでとてもわかりやすく解説してあります。

ステップ1 腸を刺激する
指を開きウエストの両脇にあててもみほぐす。やや強めに動かしながら、上下に少しずつ手を移動させる。10回繰り返す。
ステップ2 小腸の老廃物を移動する
おヘソから3cm左横が小腸の位置になります。そこから右横までUの字を描くように両手の指先をそろえてマッサージ。ゴリゴリした感覚がある部分はしっかりもみほぐす! 3周行う。
ステップ3 大腸の老廃物を移動する
おヘソの右下が大腸の位置になります。そこからおヘソの上を通り左下まで両手の指先をそろえてマッサージ。特に左下は大腸の出口になっていて、宿便等が溜まりやすい場所。老廃物を流すよう、しっかりもみこみましょう! 3周行う。
ステップ4 便意を促す
そろえた両手の指先で、お腹全体を矢印の方向にマッサージ。ゆっくり丁寧に、溜まった毒素を移動させるイメージでもみほぐすと効果大。5周行う。

ポイントは強く押しすぎないことです。腸は大変デリケートなので逆効果になってしまうこともあります。

腸の活性化にはツボ押しも効果的!

機能低下した腸を活性化させるにはツボ押しも最適。

腸の活性化させるツボ 大巨(だいこ)

①おへその下に人差し指を当てて、人差し指、中指、薬指の順におき、おへそから斜めしてに下がった部分。

②場所がわかったら人差し指、中指、薬指の腹の部分をツボに当てます

③おなかの力を抜いて、左右同時に大きく吐きながら体の中心に向かうようにぐぐっと指圧します。

あまり強く押し過ぎないように注意しましょう。


あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!