セレブに大ウケ!TVでも注目の「かたつむり美容法」とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.09.Sat

仕事に生活に恋に充実した生活を送っている海外セレブ。そんな多忙なセレブ達の間で、とっても簡単にアンチエイジング効果を得られると、今大人気の美容法が「かたつむり美容法」。
じつはこれ、南米から北米、ヨーロッパからアジアまで急激に広まっている美容法なんですよ。今回は、「かたつむり」が肌の再生力をアゲるってどういうことなのか、じっくり見ていきます。

かたつむり美容法の由来

じつは、「かたつむりの身体から分泌された粘液が美肌を作る」ことは、世界各地でかなり昔から知られていたとのこと。

たとえば、ドイツやスペイン、フランスではかなり昔からかたつむりが美容にいいと言われ、食用にも用いられていたり、南米コロンビアではかたつむりを手に這わしてかたつむりの粘液を付けていたとか…。

最近では、チリのエスカルゴ(食用のかたつむり)業者の手の傷の直りが早いということで、詳しく調べてみたら、かたつむりが這った後に残った分泌液には、エイジングケアでおなじみの成分、タンパク質の分解酵素プロテアーゼが含まれているのが発覚。それがもととなって、化粧品や美容液にかたつむりが使用されるようになり、天然由来成分のカタツムリエキスを使った美容法が、ブームへとつながりました。

注目すべきかたつむりの美容成分

コラーゲン

10代後半をピークに減少していくと言われるコラーゲン。人間の体内に最も多く含まれるタンパク質で、お肌の真皮層の主成分もコラーゲンです。肌のハリを保つ柱・枠組みを作る役割を持っていますが、これが不足するとその枠組が崩れ、保湿効果が衰えてお肌に水分が不足しカサカサ肌になってしまったり、ハリがなくなって、老けて見られてしまいます。

エラスチン

一方、20大後半をピークに減少していくと言われるエラスチンも、かたつむりには豊富に含まれています。エラスチンも体内や皮膚の真皮層に多く含まれているタンパク質で、コラーゲンを補強し、肌のハリが失われないようにする役割を持っています。

プロテアーゼ

かたつむりの分泌液に含まれているプロテアーゼは、はちみつにも含まれているタンパク質分解酵素で、美しくなめらかな肌を手に入れるために大切な成分。古い角質に含まれるタンパク質の結合を切って、老廃物や汚れを除去してくれるので、なめらか肌に近づけるそうです!

コンドロイチン

コンドロイチンも、加齢とともに失われる成分の一つで、ネバネバしたものに含まれており、人間の体にも至る所に存在している成分です。特に、身体の中ではタンパク質と結合して、軟骨や皮膚に多く含まれている成分です。関節痛にいいと知られるコンドロイチンですが、実は、傷を速やかに直したり、保湿能力に優れているので、美容のためにも大事な成分なんですよ。

アラントイン

この「アラトニン」というのが、ウワサの皮膚再生成分のこと。アラントインとは、植物の新陳代謝産物として知られている成分で、皮膚の傷を治癒し、刺激を和らげる効果があるんですよ。アラントインには、角質ややけどのあと、妊娠線の跡や肉割れ跡など、肌に残った古い組織などを除去して、新しい表皮組織の生成を助長する作用があるんです。しかも、アレルギー反応が起きにくいとされて、肌荒れを防止する成分としても有名です。

かたつむり美容法がセレブに愛される理由

自らの殻に傷ができても、粘液の力でそれを再生してしまうという驚異の再生力を持ったかたつむり。火傷跡やニキビ跡にも効果を発揮すると言われています。しかも、最近注目の肌再生成分がたくさん含まれているので、シワ・シミなどのアンチエイジングにもぴったりという、マルチな才能を持ったかたつむり美容。

一度できたら消えないと言われる妊娠線の改善にも役立つそうです。古い角質を除去し、肌をなめらかに整え、肌の弾力を取り戻す成分も豊富で、妊娠線や肉割れにも効果があるそうで、産後セレブにも人気なんだそう。

日本でも、かたつむりの分泌液の入った美容クリームが最近テレビでも取り上げられていて人気ですね!肌の再生力を鍛えるためにも、あのネバネバの生物の力を借りてみては!?

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!