お金も時間もかけないで、輝く素肌を手に入れるためのコツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.19.Sat


美しい素肌さえ保っていれば、メイクの効果も仕上がりも一段と栄えるもの。その素肌をきれいな状態に保つのに、必要なのはお金でも時間でもなく、ケアのちょっとしたコツなのです。オーストラリアで人気の自然派化粧品ブランド『Be Genki』の創立者で栄養士の資格も持つサム・サンプルさんが提唱するスキンケアのコツを披露します。

気分を爽快にするために運動をする

スポーツや運動は、健康だけでなく美容のためにもぜひ日々取り入れて頂きたいアクティビティです。なにも、ジムに通いつめたり、毎日激しい運動をしなければいけない、ということではありません。
サンプルさんは、「30分早起きして、ウォーキングに出てみてください」と勧めています。早起きがちょっとつらい人は、通勤で1駅分歩いたりするだけでも効果が期待できるでしょう。朝から体を動かすことで、精神も体もスッキリとリフレッシュした状態になります。
目覚ましのコーヒー1杯よりずっと肌にも効きます。30分ほど自分だけの時間を満喫して、携帯電話も電子メールのことも忘れましょう!

賢く食事をする

きめ細やかでソフトな素肌づくりのためには、食べ物にも気をつける必要があります。とりわけ肌にきく食材として、脂がのった魚(シャケなど)からのオメガ3、ナッツや種子類、抗酸化物質の豊富なベリー類、赤ピーマン、緑色野菜、フレッシュハーブ類、ウコンや緑茶などがあげられます。

肌を守る抗酸化物質の優れた作用

*有害な毒素を中和化する

*しわを防ぐ

*感染症に抵抗する

*肌のきめをととのえ、透明感を高める


また、見落としてならないもう一つの栄養素が、 カキ、ムール貝、かぼちゃの種、ひまわりの種などに含まれる亜鉛、これも肌の健康を保つうえで欠かせないミネラルです。

睡眠前の”儀式”も重要です

睡眠は、肌に十分な休息をもたらすためにも大切です。望ましくは、夜10時前にベッドに入り、8時間睡眠を確保することですが、仕事や家庭を抱えていてはなかなか難しいもの。でも、睡眠前にちょっとした”儀式”を執り行うことで、短い睡眠時間でも効果を引き出すことができます。
それは、ベッドに入る1、2時間ほど前から、ラベンダーオイルなど眠りを誘う効果のあるエッセンシャルオイルを数滴アロマポットなどで温めて、寝室においておきます。その間、ハーブティーや読書などでリラックス。ベットに入る頃には、心地よい香りに包まれて眠りにつけるはずです。

適度な運動、美肌に効く食材、そしてリラックスすること。これが素肌を守る3原則といえるでしょう。

あわせて読みたい

参考記事:Get Glowing Skin Now!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!