注目すべきはインド!ボリッド式食事法に学んでみよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.03.10.Thu


ハリウッドの『最も美しい顔(MOST BEAUTIFUL FACES 2010))ランキングで、ただ一人アジア出身ながらトップ10入りを果たしたインド人のフリーダ・ピントー(6位)。その愛くるしい笑顔と健やかな美しさが、ハリウッドでも堂々と評価されたのだと考えられますが、彼女の美しさの秘密のひとつにインドの食生活があげられると思います。今回は、そんなインドの食生活の特徴をご紹介しましょう。

1 甘いものは大好き、でも砂糖はNG!

インドの料理の中には甘いものもたくさんあります、でも甘味をつけているのは砂糖ではなく、天然のバラの花びらから抽出されたエッセンシャルオイルやサフランなどです。香りもエキゾティックで、砂糖のように太りやすくなることもありません。

2 ニンニクと生姜は欠かせません

カレーソースのなかにはニンニクと生姜がよく含まれます。ニンニクは心臓病や高血圧の予防に効果があり、生姜は胃腸を整えるといわれています。

3 ナッツ類をスナックに

インドの人は、ドライフルーツやナッツ類をよく食べます。アーモンド、カシューナッツ、ピーナッツ、カボチャの種、などスナックとして常備しておくと何かと便利です。

4 バター禁止

インド料理ではギーと呼ばれる独自のバターが有名ですが、油分の多いギーの代わりに、ピーナッツオイル、マスタードオイル、大豆オイルといった植物性由来のオイルもよく使用されています。

5 豆類を豊富に摂る

レンズ豆、ダル、緑豆、平豆など様々な豆類がインド中で食用されています。豆類は低脂肪でありながら、植物繊維やタンパク質が豊富な優れた健康食といえます。
とりわけ、インドは宗教上の理由により、牛肉を食べない人が多いため、豆類は重要なタンパク質の源として重宝されています。

6ヨーグルトも主役級

日本でもラッシーなどヨーグルトドリンクとして人気がありますが、カードと呼ばれる天然ヨーグルトがスパイシーな料理の味を和らげるのによく使われています。また、ミントと混ぜてライタと呼ばれるヨーグルトサラダも人気です。こうしたヨーグルトベースの味付けは、サワークリームやマヨネーズよりもはるかにヘルシーです。

インド料理というとちょっと手が込んでいて、普段家で作るのにはちょっと腰が引けそうですが、ナッツ類をスナックがわりにしたり、ヨーグルトを積極的に使う、といったことならすぐに出来そうな気がします。インドの食生活からいろいろ学んで、アジアンビューティーを目指しましょう。

あわせて読みたい

参考記事:Feel better on the Bollywood diet

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!