寝ながら簡単にできるオススメ美容法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.04.Mon

仕事が忙しかったり、就業後のお付き合いが多かったり・・・・・・。仕事もプライベートも忙しくて睡眠時間が減ったり、眠りが浅くなったりという悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。
毎日が充実しているのはうれしいけれど、自分磨きに力を入れる余裕がないという人におすすめなのが、睡眠時間を活用してきれいになる“寝ながら美容”。睡眠時間という限られた時間の中できれいになる秘訣を紹介します。

リラックスブラでバストの下垂防止

バストは乳腺組織と脂肪組織、クーパーじん帯と呼ばれる繊維の束でできています。
20代前半までは特にケアをしなくてもハリのあるバストをキープできますが、20代半ばから、運動、妊娠、出産などでクーパーじん帯や皮膚の伸びが起こり、バストの下垂が始まります。
バストはとてもデリケートなため、必ずブラジャーで支える必要があるのですが、ついつい家に帰るとノーブラになったり、睡眠時にノーブラで過ごしたりしていませんか?
ノーブラ生活はバストの下垂はもちろん、バストの左右の形が崩れる原因のひとつなのです。睡眠時にナイトアップブラやリラックスブラを着けることで、バストの位置が安定し、バストの皮膚やクーパーじん帯の伸びが軽減されます。

ハンドケアは夜こそ重要

日中は手を使う機会が多く、マメにハンドクリームを塗ってもすぐに落ちてしまい、効果は半減。
ハンドケアは手を使わない就寝中に行うことが最も効果的です。寝ている間に活躍するのがハンドグローブ。
手持ちのハンドクリームを肌になじませた後、グローブを着用します。そのまま寝るだけで、寝ている間に栄養成分が浸透し、保湿によって乾燥による手荒れやささくれなどが補修されます。
グローブを着用したほうがハンドクリームを塗るだけよりも、保湿効果がアップし、効率よくケアできます。

ナイトケアアイテムを取り入れよう

細胞は寝ている間に生まれ変わるため、肌のケアは寝る前が重要。
多くのスキンケアアイテムは昼夜を問わず使用できるので便利ですが、寝ている間の美容効果を高めるには“夜用”アイテムを使うのがおすすめ。夜用化粧品は保湿効果が高く、寝ている時間の乾燥を防ぐほか、肌生成を促す成分が多く含まれています。
シワ対策のためにも、保湿効果が高い夜用化粧品を取り入れましょう。

寝る前の準備

何よりも深い睡眠をとり、細胞の生まれ変わりを促進することが重要。
寝る前の儀式として、リラックス効果の高い香りをかぐ、女性ホルモンに似た働きをする豆乳を飲む、マッサージをするなどを行うと良いでしょう。リラックス効果&血液循環が良くなって快眠を誘いやすくなります。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!