口元・目元のシワを防ぐことができる6つの食べ物

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.26.Wed

年齢を重ねるとどうしてもできてしまう、口元・目元のシワ。女子の大敵ですよね。一度できたシワはとれないもの。早めの予防策を考えたいものです。
そこでオススメなのが、シワ予防効果のある食材を摂取すること。シワ用の美容液は多く出ていますが、浸透しきれない成分がどうしても皮膚上に残ってしまいます。サプリメントもありますが、食材の中にあるすべてのビタミンや栄養素を含んでいるとは限りませんし、経済的ではありません。
シワ予防効果のある食材を食べることで、栄養素が皮膚へ吸収され、美容液やサプリ以上に効果があります。毎日の食事に摂りいれて、早めのシワ対策をはじめましょう。

ブルーベリー

ブルーベリーには、長期間に渡った肌のダメージを補修する抗酸化作用があります。抗酸化作用は、環境によるダメージから皮膚を保護し、老化を防ぎます。「抗酸化作用の高い食材を食べることは、健康と美容を高めるための、最もシンプルで、自然な方法である。」と研究者も言っています。朝食のシリアルかオートミールへ入れたり、おやつとして食べましょう。

ココア

フラボノイド(ポリフェノールの一種)が豊富なココア。「最近の研究で、女性が12週間に渡って1日に1度フラボノイドの多いココアを飲んだところ、皮膚中の水分量が増え、血流が良くなり、キメの粗さと汚れが改善した。」とのことです。

<<日本メーカーでポリフェノールの多いココア>>
明治テオブロココア

森永 豆乳ココア カカオ2倍

キウイ、グアバ、いちご

ビタミンCの豊富なキウイ、グアバ、いちごは、コラーゲンを増やし、薄いシワや少しの乾燥に効果テキメンです。さらに目の下のはれぼったさをとります。またキウイには抗酸化作用があり、老化予防や、炎症、癌、心臓病を予防します。

牡蠣

カキは亜鉛とコラーゲンが豊富です。亜鉛は抗酸化特性を持っていて、細胞レベルで栄養を保護します。また爪、頭皮、髪を健康に保ち、目を保護します。コラーゲンも豊富で、皮膚の細胞を再生させる効果もあります。他に亜鉛が豊富な食材は、赤身の肉、鶏肉、豆、ナッツ、シーフード(カニとロブスターのなど)、シリアル、乳製品全般です。

トマトペースト

リコピンが豊富なトマトは、紫外線のダメージから肌を守ります。トマト料理は、リコピンの吸収を良くします。同じような効果のある食品は、スイカ、マンゴー、さつまいも、ほうれん草、フルーツです。これらはカロテノイド(日焼けに対して保護する)も含むので、頻繁に食べるようにしましょう。

野生サケ

オメガ3系脂肪酸の豊富な野生のサケは、皮膚中の脂質を補充します。肌をなめらかにし、みずみずしさを保ちます。ウロコ片状の皮膚、赤みやニキビにタイシテ効果があります。これは他にクルミにも含まれています。

参考記事:Healthy Skin Diet: 6 Yummy Foods That Prevent Wrinkles

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!