本当に新陳代謝アップに役立つ食品とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.24.Fri

ダイエットしたいけど、食べるのが大好きでやめられない方に朗報です。世の中には、新陳代謝を高め、より脂肪燃焼効果をアップさせてくれる食物があるのです!
今回は、ダイエット中でも、食べても罪悪感を感じない、新陳代謝を上げてくれる食物を調べてみました。

唐辛子

唐辛子(カイエンペッパー)、ハラペーニョやハバネロは、単に辛~いだけの食物ではなく、体の代謝を高め、ダイエットの強い味方になってくれる魅力的な食べ物。
基本的に、唐辛子を食べると、舌や唇が熱くなりますが、これは表面的なものではなく、身体の中から熱くなっているんですよ。唐辛子やハバネロなどのスパイスを食べた後、約3時間は代謝を高め続けると言われています。ですから、運動前に唐辛子のたっぷり入った食物を摂ると、脂肪燃焼効果がアップします。ただし、タンパク質や炭水化物が少ないため、これだけ食べても、健康的ではありません。あくまでも食事のバランスは考えましょう。

鮭、いわし、マグロなどの魚には、『オメガ3』と言われる必須脂肪酸の一種が多く含まれています。『脂肪』といっても、怖がるなかれ。この脂肪酸は代謝のスピードを上げ、心臓を健康にしてくれるという嬉しい効果を持っている脂肪酸です。
私たち人間の体は、レプチンというホルモンを動かし代謝を行い、レプチンの量が少なくなると代謝の働きがより早くなるという性質を持っています。そこで、オメガ3脂肪酸を摂ることによって、レプチンの量を低く抑え、カロリーを消費し、新陳代謝を高める効果を発揮します。また、魚には良質なタンパク質が多く含まれていますが、このタンパク質も代謝を高めるのに効果的な物質なんですよ。

タンパク質

赤身の肉、豆類、卵、ピーナッツバターのようなタンパク質の豊富な食べ物も、新陳代謝を高めてくれるダイエッターの味方。ただし、ピーナッツバターはカロリーも相当高いので、代謝が高くなったとしても効果が出にくいのも事実。
とはいえ、ナッツバターにはタンパク質の他、不飽和脂肪酸や抗酸化物質も豊富に含まれています。ダイエットを意識するのであれば、できるだけカロリーのバランスを考えながら良質なタンパク質を取るように意識しましょう。

全粒穀物

オートミールのような全粒穀物も、代謝を高めるのに適した食物です。全粒穀物には、エネルギーと炭水化物が含まれていますが、これは私たちの体や脳の機能を保つのにとても大切な物質です。
一方で、多くのダイエットブックのなかで、炭水化物は控えるように指導されています。全粒穀物の場合、血流中のインスリンを調整することで、代謝を高めてくれる効果があるので、炭水化物好きの方はぜひ全粒粉のパスタや、玄米などを選んで食べるようにしましょう。また、全粒粉や玄米などは食物繊維が豊富なのも嬉しいですよね。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!