現代女性がおちいりやすいダイエットジレンマについて

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.07.11.Mon

仕事に家事に、現代女性は忙しく、なかなか理想的なダイエットや食生活を実践するのが難しいものです。日々のなかで“しまった!”と思う瞬間もよくあるはず。
でも、そんな悩みに陥りそうになとき、小さなヒントがあなたを救ってくれます。

野菜と果物をバランスよくとる、分かってはいるけどなかなか実行できない

理想的には毎日、5種類の野菜、2種類の果物をとることがよいとされていますが、ついつい忙しさにかまけているとそんなことも忘れてしまいがちです。そうならないためにも、あらかじめ大まかなルールを作っておくとよいでしょう。

例えば、朝食にはお気に入りのフレッシュフルーツジュース(オレンジ、リンゴ、グレープフルーツなど)や自家製スムージーを加える、スナック代わりにフルーツサラダを用意する、ランチや夕食にはかならず(最低3種類以上の野菜がはいった)サラダを加える、野菜スープを週に1回大量に作って作り置きする、など。毎日の日課のなかで習慣づければ、毎日頭を悩ませる必要はなくなります。

おやつはダイエットに良くないというけど止められない

間食はダイエットに悪いというイメージが持たれていますが、じょうずに食べるものを選べば、むしろ食べすぎをセーブしてくれる習慣といえます。

ダイエットの邪魔にならない間食といえば、ナッツ類(アーモンド、カシューナッツなど大きめのナッツは満足感が高く効果大)、ナチュラルヨーグルト(添加物、人口甘味料の入ったものはダメ!)、小分けされたシリアル、ドライフルーツ類などがおすすめです。なるべく加工されていない食材を選ぶのがポイントです。気分転換に、ハーブティーを飲むのも空腹感をまぎらわす効果があります。

お酒をついつい飲みすぎてしまう

お酒は適度に、とはよく言われますが、いったいどの程度だったら良いのでしょうか?女性にとって健康的なアルコール摂取量は、1ユニット=アルコール濃度12%のワイン100ml として1週間に14ユニットといわれています。また、週に2日は休肝日として体を休めるべきということも考え合わせると、1日にワイン2,3杯がちょうどいいくらいになります。お酒好きの人は完全にアルコール断ちするのもストレスになるので、上記を目安にお酒を楽しむようにするとよいでしょう。

毎日のコーヒーが止められない、これってカフェイン中毒!?

朝のコーヒーが欠かせないという人も多いようですが、毎日1,2杯程度であればそれほど問題はありません。よく、1日に2リットルの水を飲むべきだと考えられていますが、これにはコーヒーやお茶もカウントされます。脱水症状にならないためにも、節度を守って飲む分には問題ありません。

ただし、気をつけたいのは、コーヒーを飲むときに加えるミルクや砂糖。脂肪分の高いミルクや砂糖が多く含まれていると、あっという間にカロリー摂取が増えてしまいます。また、カフェインの摂り過ぎはリラックスの妨げにもなるので、ときにはハーブティーなどでちょっとブレイクを。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!