自宅で簡単にできる手作り美白パックレシピ(オレンジ・じゃがいも・アーモンド編)

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.08.Thu

最近、韓国美容ブームが浸透して行っている中で、自宅にある食材を使ったナチュラルで手軽なパックケアが人気になっていますよね。自宅にあるもので簡単に美白パックができると、毎日いろんなパックを試してみたくなるし、ケアする楽しみも広がりますよね。
実は、日本や韓国だけでなく、欧米圏でも食材を使った自宅ケアやパックは人気があるんですよ。今回は、アメリカの人気サイト『Modernmom.com』に掲載された、オレンジやアーモンドなどの食材を使った美白パック方法をご紹介します。

ただし、今回ご紹介するのは、自宅でできるナチュラルなケア方法ですが、アレルギーなどがある方は要注意です。必ずご自身の体調や体質に合わせて、実践してみてくださいね。

オレンジピールパック

オレンジの皮には、肌にナチュラルな白さをもたらすと言われていて、天然の美白パックとして使えるのだそう。ただし、オレンジピールパックでは、オレンジの皮を使用するため、できるだけ無農薬の物を使用しましょう。

作り方

オレンジピールパックを作るには、まず数個分のオレンジの皮を用意し、完全に乾くまで日干しして乾かします。その後、ミキサーなどを使って、乾いたオレンジピールをパウダー状にし、牛乳を少しづつ加えて混ぜ、ペースト状にします。一日一回、肌を白くしたいところに、このオレンジピールパックを塗り、ペーストが乾くまでパックを行います。

アメリカで人気の美容サイト『the Beauty Tips website』によると、数分間パックし、ぬるま湯で洗い流した後の肌は、柔らかく、パッと明るくなるそうですよ。

じゃがいもペーストのパック

じゃがいもにも、天然の美白成分が含まれていると言われていて、韓国では、じゃがいもパックは自宅での美白ケアの定番になっているんですよ。<
じゃがいもには、ビタミンCも豊富に含まれているから美白ケアにはぴったり。しかも、ビタミンCだけでなく、むくみを摂ると言われているカリウムも豊富だから、肌の引き締め効果もあるといわれているのだそう。また、じゃがいもの汁には、肌のくすみをとり、色素沈着を防ぐともいわれているんですよ。
最近では、日本や韓国などアジア圏ではもちろん、海外でもじゃがいもパックが紹介されているほど人気のパック方法なんです。

作り方

じゃがいもパックのやり方は、とっても簡単。すりおろしたじゃがいもに、少しづつ小麦粉を加えて行って、ペースト状にしたものを作ります。美白したいところにガーゼやシートパックを乗せて、その上からじゃがいもパックのペーストをのせ、数分間パックして、洗顔するだけ。じゃがいもは、刺激が強いこともあるから、ガーゼやシートマスクの上からパックするといいのだそう。
また、このじゃがいもパックに、バナナやニンジン、牛乳やきゅうりなどを加えてアレンジしてもいいそうですよ。

アーモンドペーストパック

また、もっと保湿しながら美白を手に入れたい方にオススメなのが、アーモンド、はちみつ、牛乳を使ったパック。

作り方

作り方は、一晩水を張ったボールにアーモンドを浸しておいた後、アーモンドすりつぶし、少量の牛乳で溶きながらペースト状にします。その後、はちみつを少量づつ加え、よく混ぜあわせます。そうしてできたペースト状のパックを肌に塗り、しばらくパックします。パックが乾いたら、ぬるま湯で洗い流しましょう。

お菓子のように甘くて美味しそうなパックですが、しっとりなめらかで、白く綺麗な肌になりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!