ホイップクリームのようなモッチリ泡にホレボレ!洗顔も保湿重視なら「シャンパン酵母」の『グラスオール クリーミィエステソープ』

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

スポンサード

約1ヶ月前に『芸能人にも愛用者多数!コラーゲンを超えた「シャンパン酵母」の贅沢保湿グラスオール』という記事を書きました。トライアルセットの中でも、『クリーミィエステソープ』の使用感に惚れてしまい、本品を試すことにしました。少量でできるモッチリ泡と、洗顔後の保湿力の高さは、洗顔中も保湿を重視したい女子にオススメです。

⇒コラーゲンを超える保湿力!『グラスオール』 GRACEOR (グラスオール)オンラインショップ

「シャンパン酵母」の贅沢保湿力

洗顔後のツッパリ感がどうしても気になる、という女子は多いですよね。洗顔後のスキンケアで補うとしても、できれば洗顔中も保湿を重視したいところ。
『グラスオール クリーミィエステソープ』の最大の特徴は、「シャンパン酵母」。グラスオールしか化粧品化していない酵母なんです。一番の特徴としては、保湿力の高さで名高いコラーゲンやシルクエキスを超えた保湿力を持っているところ。まさに「贅沢保湿」といわれるほどの、保湿力の高さです。
さらに肌を潤わせて柔らかくするWイオン(カリウム、乳酸)が豊富。これが角質層の隅々まで浸透し、肌の保湿機能を高めてくれます。
「シャンパン酵母」とWイオンの力で、洗顔してもつっぱることがないんですね。

『グラスオール クリーミィエステソープ』の2通りの使い方

グラスオールには2通りの使い方があります。
・デイリー洗顔 ネットで卵1つ分くらいの泡を作り、包み込むように洗う。
・ディープクリア洗顔 Tゾーンや小鼻のザラつき、肌のくすみなど気になる部分へ、泡立てずにそのままのせてマッサージ。30秒行ったらすすぐ。
酵素の力で古い角質を分解し、天然クレイで毛穴の汚れをスッキリ落とす効果があります。
肌のザラつきやくすみは、頻繁にできるもの。1つの洗顔料で、手軽にディープクリア洗顔までできるのは嬉しいですね。

1ヶ月洗顔しました

『グラスオール クリーミィエステソープ』には、付属の泡立てネットがついています。使用量は約2cmほどでOK。少量でもモコモコ泡が作れるのが特徴なので、とっても経済的です。
シャンパンゴールドのクリーム状の洗顔料をネットで泡立てると、すぐにモコモコ泡の出来上がり。通常泡作りは時間がかかるので、短時間で泡立てられるのは嬉しいですね。泡からはバラのような上品な香りがします。
モッチリ泡は、まるでホイップクリームのように滑らか。それでいて泡もちはしっかり。泡に弾力があるので、洗顔すると、顔と指の間を泡が優しく包み込んで洗い上げます。肌に優しく洗顔できます。
すすいだ後はつっぱるどころか、しっとり。肌の触り心地が柔らかくなったようにも感じるんです。
筆者は小鼻やTゾーンのザラつきが気になっていたのですが、1ヶ月使用してみるとほとんど気にならなくなりました。毛穴の黒ずみも気になっていたのですが、目立たなくなったのが嬉しい。また、1ヶ月前と比べると、肌の触り心地もフワフワして柔らかく、乾燥肌でもツッパリを感じることがほとんどなくなりました。

@コスメでも保湿力に感動の声がぞくぞく

@コスメでは、「洗い上がりのしっとり感に満足」「モコモコ泡が気持ちいい」「保湿力の高さを実感」という声が多く見られました。

    [グラスオール@COSMEクチコミ引用]
    ▽ 年齢的にこの時期乾燥が一番気になりますが、この洗顔料は最高!泡立ちが良く、洗ったあとはしっとりすべすべ、お風呂上りはいつもあわてて化粧水をつけていたので、その必要もありません。感想は洗顔料にも多大な原因がある、とはっきり教えてくれた一品でした!


    ▽ いい香りの泡がもこもこもっちりとしていて、心が癒されながら顔を洗顔することが出来ました。汚れもすっきりおち、毛穴の黒ずみもすっきりしました。


    ▽ 今まで使った洗顔料の中で1番好きです。モコモコ系では、グラスオールの泡が一番濃密な感じがします。

保湿にこだわるなら、洗顔料までこだわって

今まで「洗顔はつっぱても仕方ない」「どんなに保湿してもつっぱる」と思っていた方。保湿するなら、洗顔料までこだわって保湿した方がいいですよ。保湿力の高い洗顔料としては、『グラスオール クリーミィエステソープ』が断然オススメです♪

⇒コラーゲンを超える保湿力!『グラスオール』 GRACEOR (グラスオール)オンラインショップ

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!