年末要注意!カロリーの高いお酒を飲んで食べるのを我慢!これが一番危険!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.11.Sun

近年、若い女性の間で摂食障害が広まっているというニュースをよく目にします。なかでも、最近では、飲み会などでアルコールを大量摂取して騒いだ後、カロリー調整のためにしばらく絶食して、その後また酔っ払って騒ぎまくるという危険なダイエットが一般的になりつつあるそう。
特に、レディー・ガガが「酔っ払いダイエットをしている」と発言したことが、この状況に拍車をかけてしまっているといわれています。

通常、飲み会やパーティなどに参加してお酒を飲むと、カロリーがオーバーしてしまうことも多いが、アルコールダイエットをしている女性たちは、食物を食べずにお酒を飲んだり、通常の食事は取らずに絶食して、またパーティに備えるのだという。
この方法だと、低予算でダイエットが出来る上に、スリルを楽しむこともできるとあって、若い女の子の中で、当たり前のように浸透してきてしまっているそうだ。

そんなダイエットを日常的に行なっている女性たちは、食事をせずにお酒を飲むことで摂取カロリーを抑えると共に、空腹状態の胃にアルコールを流しこむことで酔いがまわり安くして、騒いでカロリーを消費しやすくするのだという。また、通常の食事を抜くことで、アルコールを大量に飲んでもカロリーオーバーにならないように調整しているというのだが、これはかなり危険な行為だといわれている。

専門家によると、こういった食生活を続けていると、潜在的に摂食障害に陥る可能性があるのだそうだ。また、摂食障害などを引き起こしかねない無茶なダイエットは、女子大生だけでなく、OL層にも広まっているのだという。
飲み会やパーティで騒ぎまくるような時間はない分、ほとんど食事をせずに忙しく仕事をしてカロリーを消費し、仕事後、少しだけバーでお酒を飲むというやり方だ。


スリムな体型を維持することにとりつかれている女性たちは、食事を抜くことでカロリー摂取をおさえたり、騒ぎまくったり忙しく働きまくることでカロリー消費を増やすことで、罪悪感をおさえられるのだという。

ある研究によると、脂肪や炭水化物、タンパク質がバランスよく含んだ食事を摂った後にアルコールを飲むと、空腹状態でアルコールを飲んだ時よりも、アルコールの吸収が3倍ほど遅くなるらしい。しかも、アルコールはかなりカロリーは高いが、アルコールだけ摂取していても十分な栄養は摂取できない。
あわせてこういった食生活を長期的に続けると、摂食障害などを引き起こすだけでなく、糖尿病や心臓病、神経系の問題が出てくる可能性もある。また、短期的に見ても、空腹時にアルコールを摂取すると、発作や嘔吐、不整脈などのアルコール中毒を引き起こす可能性もあるそうだ。

こういった無理な食生活を続けた結果、摂食障害に悩まされる女子大生やOLなどが増えているそうだ。絶食やアルコールの大量摂取は、「今」は楽しいかもしれないし、体重もキープできているかもしれない。だが、長期的に見るとかなり危険なダイエットで、一度のめり込んでしまうと、専門家による治療やカウンセリングなども必要になってくる可能性もある危険なダイエットであるということは、十分に念頭においておかなくてはならない。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!