黄色い歯では笑顔も台無し… 今から実行できる、簡単デンタルケア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.01.27.Thu


にっこり笑った自分の写真を見て「私の歯って、こんなに黄色かった?」とぎょっとしたことはないだろうか。一度気になったら、恥ずかしくて笑うたびに気になってしまう……。
とはいえ、本格的にホワイトニングするには時間もお金もかかるもの。そこで、自宅でも簡単にできるホワイトニング法や、いますぐ試したいデンタルケアを専門家が紹介。真っ白な歯を手に入れて、あなたもスマイル美人に!

気をつけるのは、ワインの「酸」

赤ワインを飲むと、ワインに含まれるタンニンが歯に着色してしまうことはよく知られている。でも実は、酸性の濃度が高い白ワインのほうが、着色の原因になってしまうことが多いのだ。
ワインに含まれる酸は歯のエナメルを腐食させ、その結果、歯の表面に粗い溝や穴があくことに。そのため、食べ物やコーヒーなどの色がつきやすくなってしまう。

また、ワインのほかに典型的な「歯の着色剤」になるのは、ケチャップやマスタード、しょうゆにカレーなどが挙げられる。

水で着色を洗い流そう

白ワインを飲んでいるとき、あるいは色が濃いものを食べているときには、途中で水を飲むように心がけよう。こんな簡単な心掛けひとつでも、歯への着色を防ぐことができるのだ。

また、ワインを飲んですぐに色がついてしまったら、水を飲んでからパンを食べるのが最善策。
このふたつを繰り返すことで、口のなかが酸性になるのを防ぐことができるという。

食後すぐの歯磨きはNG

歯の着色を防ぐには、なんといっても歯磨きが一番。とはいえ、食べ物には歯のエナメル質を弱めてしまう酸や糖分が含まれているため、食後すぐに歯を磨いてしまうと、さらにエナメルが傷ついてしまう可能性がある。
食後は30分ぐらい待ってから磨くのが一番効果的なのだそう。

歯のエナメル質を溶かす食べ物は、ワインのほかに炭酸飲料水、レモンやオレンジなどの柑橘類も挙げられる。

イチゴで自然の白さに

自然の素材を使って自宅でホワイトニングするなら、イチゴが一番効果が高い。
イチゴにはリンゴ酸が豊富に含まれていて、歯の表面の変色や染みを落としてくれるのだ。
イチゴの酸っぱさの素でもあるリンゴ酸は、熟れかけに一番多く含まれているというから、少しすっぱいイチゴをつぶして、歯磨き粉がわりにして磨いてみて。

「ベロ」もお忘れなく

口臭の80パーセントは、舌についたバクテリアによって引き起こされている。ただ、歯ブラシで舌を磨いても、口のなかでバクテリアを移動させているだけで、除去したことにはならないという。それに、歯ブラシで磨くことで舌を傷つけてしまう原因にもなるので、バクテリアを効果的に除去するには、舌専用のクリーナーを使用すること。
バクテリアを除去することで、口臭はもちろん、歯垢や歯ぐきのトラブルを防ぐこともできる。

食後にガムかうがいを

歯を健康に保つなら、食後にシュガーフリーかキシリトール入りのガムを噛むことを習慣づけよう。
ガムを噛んで唾液がたくさん分泌されることにより、口のなかの酸が中性になるほか、歯についた汚れが洗い流されるのだ。
ガムがない場合は水で口をすすぐだけでも、一時的な色素沈着を落とすことができるそう。

フロス

歯ぐきの健康には、フロスの使用が欠かせない。
できれば1日に1回、少なくとも週に1回使用するだけでも、まったく使用しない場合にくらべ、歯ぐきの健康が格段に改善されるのだ。


あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!