30代、40代で後悔しない!手遅れにならないための角質ケア「タカミ スキンピール」でアンチエイジング

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

スポンサード

近頃は「アンチエイジングは早めに始めたほうがいい」と、20代からエイジングケをアイテムに手にする人が増えています。美容雑誌VoCE最新号でもアンチエイジング特集が組まれ、人々のアンチエイジングへの興味は高まる一方。
たるみケアや血流マッサージなどたくさんあるアンチエイジングの中で、角質ケアの重要度は年齢が上がるにつれて増すと言われています。

年齢を重ねると肌の悩みは複雑化、治りが遅くなってくる!

年齢が上がるにつれて「肌のキメが整っていない気がする」、「ザラつきが解消されにくくなった」、「アゴ周りの吹きでものがガンコに」などなど、肌のトラブルからの回復が遅くなる可能性があります。ですがこれらは角質層がきちんと整っていれば、回避できるトラブルでもあります。角質が肌表面にたまってくると、どれほど良いアイテムを肌に与えたとしても、肌の深層部まで浸透せずなかなか効果が発揮されません。

手遅れにしないためには定期的な角質ケアを取り入れる

ですが定期的な角質ケアを行なっていれば、これらの肌トラブルが起きたとしても手遅れ状態になる可能性は低くなります。角質層が正常ならば、しっかりと潤いを保てるので肌バリアが外的なストレスから肌を守ってくれるのです。土台がしっかりしていれば、表面でトラブルが起きたとしても焦らなくてすみます。
このような定期的な角質ケアにぴったりなのがタカミ スキンピール
角質ケアの美容液でありながらふき取ったり、洗い流す必要がないので続けやすいのがポイントです。まるで水のような透明な液体が肌の奥へ奥へと行き渡り、角質を整えていってくれます。

使い始めの注意点はとにかく保湿!潤い補給を多めに

洗顔後の肌に塗り、3分待ちます。この3分で肌にタカミ スキンピールを行き渡らせるのがポイント。そのあと、いつも使っている化粧水や美容液でたっぷり保湿をしてあげましょう。とくに使い始めのとき、この保湿が重要です。角質が柔らかくなり始めた肌はいつもよりも水分を欲しがるので、しっかりと潤いを補ってあげることがカギとなります。

今はスキンケアアイテムからメイクアップアイテムでもアンチエイジングの効果を謳ったものが多くあります。ですが自分の10年、20年後の肌に起こりそうなトラブルを想定して、その予防に必要なアイテムを取り入れることが大切。まずは角質ケアで健康的な土台をしっかり作っておきましょう。

【参考】
タカミスキンピール お試しサイズ

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/