オーガニックコスメが人気のオーストラリアで注目をあつめる、自然由来成分とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.29.Mon

オーストラリアは、オーガニックコスメ先進国といってもいいくらい、肌に優しい製品ラインが多数揃っています。ということは、それだけオーガニックコスメやより人体に優しいコスメの開発が熱心にすすめられている、ということでもあります。そのなかでも、新しく注目を集めている自然由来の成分がいろいろあり、新しいオーガニックコスメを試すときの参考になりそうです!

ノニ・ジュース

熱帯性のフルーツからとれるノニ・ジュースは、ヘルシートニックという別名でも知られており、ダメージを受けた皮膚細胞を修復する成分があります。また、リノール酸、必須脂肪酸も豊富で、肌の回復力を高めるうえで心強い見方。ノニ・ジュースの信奉者といえば、ミランダ・カーがその筆頭に挙げられますが、彼女のプロデュースしているオーガニックスキンケアラインのKORAでは、ノニ・ジュースがふんだんに活用されています。

まずお試しは:KORA オーガニッククリームクレンザー
ノニエキスのほかに、オーツ麦粉、ローズヒップオイル、アボカドオイル、マカデミアナッツオイルがブレンドされており、乾燥肌の人にぴったりなクレンザーです。

バオバブ・オイル

バオバブという不思議な名前の木は、“生命の木”という意味があり、原産地アフリカでは、ながく伝統医療に使われてきました。その名のとおりすばらしく栄養価が高く、ビタミンCは、オレンジの6倍、キゥィフルーツの4倍も多く含まれているといいます。
バオバブの果実にはビオフラボノイドとよばれるシワ防止に効果のある成分が豊富なのですが、とりわけその種からとれるオイルには、必須脂肪酸、ビタミンA、D、Eが多く、これらの栄養素が肌の再生を促すのに大きな効果を発揮します。
バオバブオイルは、他の精油と合わせて、美容液として使用するのがおすすめです。
参考URL:生バオバブオイル・ワイルド/200ml:手作り化粧品材料 マンデイムーン

グレープシード

ぶどうからとれるオイルとエキスは、どちらもビタミンB、フラボノイド、リノール酸、抗酸化効果のあるポリフェノールが非常に豊富で、フリーラジカルという肌にダメージを与える現象から肌をよく保護します。
グレープシードは料理でも使用されますが、これだけ効果の高いもの、スキンケアに活かさない手はありません。ギリシャ発のコスメブランド、アピヴィータからは小じわや乾燥に悩む人をターゲットにした“ファーストライン”という製品ラインでアイクリームなどを展開しています。
参考URL:ファーストライン – APIVITA(アピヴィータ)

あわせて読みたい

参考記事:Miranda Kerr’s organic KORA range

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!