ワインを飲むと日焼け防止に役立つ!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.17.Wed

先日、スペインの研究チームによって、ワインやぶどうに含まれる化学物質が紫外線によるダメージから肌を守るのに有効である、という研究結果が発表されました。ワインやぶどうを取り入れることで日焼けが防止できたら嬉しいですよね。
今回は、農業&食料科学ジャーナルに掲載された研究をご紹介します。

太陽から放出される紫外線UVは、皮膚の老化を早めたり、日焼けの原因になったり、皮膚がんや様々な肌トラブルの原因になってしまう。だが先日、スペインのある研究グループたちが、ぶどうにはダメージから肌細胞を守る物質が含まれているという説の根拠を突き止めたと発表した。

すでに、この研究結果に大きな関心を寄せる化粧品会社は多く、この研究データを用いた日焼け止めクリームや日焼け防止の薬の開発を考えているようだ。

スペイン国立研究協議会とバルセロナ大学では、太陽からの紫外線を浴びたときに、どのような化学反応が肌で起きているのかを研究した。彼らの研究結果によると、ぶどうに含まれるフラボノイドには、紫外線によって細胞が傷ついてしまうことを防ぐため、肌へのダメージを抑える効果があるという事がわかったそうだ。今回の実験結果は、農業と食品科学に関する科学誌に掲載された。

紫外線を浴びると、体内では活性酸素が発生する。これらの活性酸素の分子は、細胞機能を酸化させることで体内に悪影響を及ぼし、細胞を老化させ、死滅させてしまうことがある。幾つかの研究では、人間の皮膚は植物由来の酸化防止剤を使用することで紫外線から肌を保護することができるということを実証している。
今回の研究結は、ぶどうに含まれる抗酸化物質などのポリフェノールが、紫外線による肌細胞の損傷を防いでいるということを突き止めたのである。しかも、UVAとUVB両方の紫外線に効果があり、UVA・UVBによって発生される活性酸素の生成を抑制する働きがあるそうだ。

バルセロナ大学の生化学者であり、この研究プロジェクトのディレクターであるマルタ・キャスカンテ氏は、今回の実験結果について、このような見解を示している。
『今回の研究結果は、新しい日焼け止めクリームの開発に役立つほか、日焼けによる肌ダメージから皮膚を守る製品などの開発にも役立つでしょう。この研究結果は、紫外線によって肌細胞が傷ついたり、死滅してしまったりするのを防ぐためには、日焼け止めなどの製品を使うことが有効であるという説を後押しするものですし、日焼けや日焼け止め化粧品のメカニズムへの理解を深めるものになるでしょう。』

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!